オー・プリティ・オービスン

前にも書いたけれど、年末になると小生はビートルズを聴くことが多くなる。
1日休みの日は、取替えひっかえ、ずっと聴いている事が多くなる。
とどめは12月8日になるのだけど。

今日は仕事だったので、帰宅してから赤盤を聴いていたのだけれど、「プリーズ・プリーズ・ミー」を聴いていて、ふとロイ・オービスンの事を思い出した。
今日はロイ・オービスンの命日である。
1988年12月4日。
a0189732_19304775.jpg



有名なところで言うと「オー・プリティ・ウーマン」の人である。
ジョンが「プリーズ・プリーズ・ミー」を作った原曲は、このオービスンの歌い方を真似した曲調だった、というのが定説になっていて、確かに、声の質は若いときのジョンに似てる気もする。
1963年には、オービスンの前座でビートルズが演奏したこともあった。
当時はオービスンがキングだったのである。
a0189732_19413775.jpg


ロイ・オービスンは50年代にヒットを飛ばして、60年代にも様々なヒットを放つ。
しかし、66年頃にレコード会社を移籍してから、不運が付きまとう。
それから、最初の妻を事故で亡くし、再婚して子供を授かるのだけれど、それも自宅が火事にあって、亡くなってしまう。波乱万丈なのである。
しかし、彼から影響を受けたミュージシャンは、ちゃんと彼にしっかりリスペクトした。
ブルース・スプリングスティーンなどは「フィル・スペクターのようなサウンドで、ボブディランのような詞を、ロイ・オービスンの様な声で歌うのが夢だった」というような発言をして、ロイを喜ばせた。
a0189732_19394858.jpg

80年代の後半、1988年11月には、ジョージ・ハリスン、トム・ペティ・、ジェフ・リン、ボブ・ディランと伝説の覆面グループ「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成した。
小生は夢中になりました。ツアーに出るなんていう話もあって、慌てて金魚が酸欠になったみたいにアップアップした。小生中学3年の冬でした。
↓「HANDLE WITH CARE」/TRAVELING WILBURYS
もちろん小生の「WILBURY」の名前の由来はここから来てます。

http://www.youtube.com/watch?v=DQ89HHSq9b8

しかし、その話が出た直後、12月4日に心臓発作でこの世を去る。
なんてついてないんだろう、ロイ・オービソンって人は。
今日は、この人のCD聴いて合掌です。

↓「OH!PRETTY WOMAN」/ROY OBISON
http://www.youtube.com/watch?v=Fa3RzOWWh80&feature=related
[PR]
by hirowilbury | 2011-12-04 19:52 | 音楽