2011年 11月 29日 ( 1 )

今日は久々に振り替えで休みだったので、コートを買いに出かけた。
大体、小生が所有している服は、暑い時に着るものか、寒い時に着るもの、極端に分かれる。
なので、春先とか秋口に着るものには困ってしまう。
春先に冬物を着ると暑すぎるし、秋口に夏物を着ていると恥ずかしい。
なので、間の間に着るコートを買った。
これなら大丈夫だろう。当分。

元々寒いのは嫌いではないので、寒くても苦にはならない。
よっぽど、夏のほうが苦手であって、夏なんて脱いでも脱いでも暑い。
冬は着ればよい。
その中間の秋が一番好きなのだけれど、今まで秋物を持っていなかったのが不思議である。
多分、秋口の一番良い時期に仕事に追われて、プライベートを過ごす時間が少ないからだと思われる。
毎年、ふっと息をついたら冬になってしまう。

冬になるとビートルズを聴くようになる。
今まで理由はあまり考えた事がなかったのだけれど、よく考えてみると、小生のビートルズ人生は殆どが冬に起こっていることがわかる。
小生がビートルズを意識して来た時間をリアルタイムで追ってみると、
・ウィングス来日公演中止・ポール逮捕(1980年1月)
・ジョン・レノンの死(1980年12月)
・ポール日本のテレビ出演(1987年11月)
・ポール来日(1990年3月)
・ジョージ来日(クラプトン競演)(1991年12月)
・ポール再来日(1993年11月)
今思いついただけでこれだけあって、殆どが寒い冬の時期である。
そして、
・ジョージ・ハリスンの死(2001年11月29日)
となる。

小生に限らず、ビートルズは冬、というイメージがある人は多いのではないかと思われる。
ちなみに、個人的にも今でも交流のある友人も、ジョンレノンの追悼コンサートで出会ったので、1992年12月8日、ということになる。

今日はジョージが亡くなって10年。
a0189732_1454026.jpg

1日ジョージのアルバムを出して聴いているのだけれど、この人のレコードを聴くといつも元南海、元ヤクルト監督の野村克也を思い出す。
「長嶋がヒマワリなら、自分は月見草」という言葉。
これは、ジョージにも当てはまるように思われる。
ジョン、ポールを長嶋とするなら、ジョージは野村克也。
長嶋(ジョン・ポール)の天才的なひらめき、才能ではなく、人生を悟ったような感触。

今日は1日ジョージです。
a0189732_1471341.jpg

a0189732_1473048.jpg

[PR]
by hirowilbury | 2011-11-29 14:08 | ビートルズ