なぜこの2枚なのだろう?
アーカイブとして、自他共に認める『バンド・オン・ザ・ラン』が第一弾として選ばれたのは万人が納得すると思われる。
しかし、第2弾がなぜポールファンにとっては『踏み絵』的なこの2枚なのか、正直分からない。
a0189732_22524491.jpg


『McCartney』も『McCartneyⅡ』も共通項がたくさんある。
①1970年発表というのと、1980年発表であって、年代の変わり目に発表されている。
②2枚とも全て、ポールがほぼワンマンで制作していて、完全なソロである
 (一部リンダがコーラスも担当、というのも同じ)
③お遊び的要素、自分のスタジオでのレコーディングテスト的な要素がある。
④そして、2枚とも『バンド崩壊』寸前での発表である。
 (しかし、実際にはまだ解散していない時点での発表である)
思いつくところは、もっとある。しかし、一番強い要素理由は、④ではないかと思われる。

『McCARTNEY』はよく知られているように、ビートルズが存続中の1970年4月に発表された。
発表の1週間前の4月10日にはポール自身がビートルズ脱退を宣言しているので、勿論だけれど、その前に制作されている。
前にも書いたけれど、世間の期待は大きかった。あのビートルズのポール初のソロアルバムであって、世間は固唾を飲んで見守った。
しかし、蓋を開けてみると、「あのビートルズのポールマッカートニー」とは思えない、ラフでシンプルで、未完成なアルバムであった。
確かに、聞いていると、ビートルズから完全に孤立して、気の毒になってしまうほど、ラフであって、当時一般のファンが聞いたら、ポールはどうしてしまったのだろう?という出来である、正直。
しかし、ポールはこのアルバムを愛した。そして、ポールの熱心なファンも、このラフなアルバムの中に、ポールの光るところを見つけてビートルズがいなくなった現実に希望を持とうとした。
結局、このアルバムは売れたけれど、世間からは大批判を浴びて、今では信じられないけれど、ポールは1人になったら何も出来ない、と言うくらいの評価になった。
しかし、ポール自身、このアルバムの中にこれから自身が1人でやっていくに当っての音を見つけたのであって、それに気づいたファンも世の中にはたくさんいた。
ポールが好き、嫌い、はこのアルバムの評価で決まると思われる。
ここから、ポールはもう一度再スタートを切って、ここからまた自分の曲を磨き上げていって、再度トップに登りつめる事になる。
今回初めて見る、当時の写真がたくさん入っている。それが美しい。
見ていてむさ苦しいくらい、髭面で不健康そうなポールがたくさん写っているけれど、とにかく、安らぎを求めていたポールの当時の心境が手に取るように分かる、思わず何回も写真を見直してしまった。
2枚ともに共通して言えることだけれど、もう少し、気合いを入れて本気でアレンジしたり、作りこめば、世紀の名曲になり得るものがたくさんあるのに、あえてそれをしないポールというのは、本当に天才なのだな。名曲だってことに気がついていないのかもしれないな。
a0189732_2392134.jpg
a0189732_2385990.jpg

a0189732_2395145.jpg


10年後に発表された『McCARTNEYⅡ』も完全にワンマンレコーディングされたものである。
しかし10年前の『McCARTNEY』と違うのは、ウィングスというバンドがまだまだ現役であって、一旦お休みしてソロ・アルバムを発表した、と思われていたことだろう。
これはポール特有のお遊びであって、次はちゃんとウィングスのニューアルバムが出る、と世界中誰もが信じて疑わなかった。しかし、結局、このアルバム以降、ウィングスは自然消滅してしまう。
このアルバムが出たあとに、あの悪夢の12月8日がやってきたことが大きい。
しかし、今回、びっくりしたのは、未発表のフォトの以下の写真があったことである。
a0189732_23192781.jpg

ちゃんと『バク・トゥ・ジ・エッグ』当時の、小生が一番好きなウィングスのメンバーの写真が、このアルバムのポールと同じショットで撮影されているのだ。
と言うことは、もしかして、このアルバムの制作に入った当初は、ウィングスのアルバムとして作り始めていたのではないか?と思った。
ポールは元々『プライベート録音であって、発表するつもりは無かった』と語っていたけれど、本当のところどうなのだろう?
ポール版YMO、といわれるくらい、シンセを多用した、お遊び要素が強いのだけれど、結局、途中でソロアルバムに変更した、ということなのかな?
お遊びと言えども、しかし、しかし、やっぱり名曲が多いのだな、これが。

『ワン・オブ・ジーズ・デイズ』なんぞ、なぜもっとしっかりアレンジしなかった、えっ!、しっかりしろ、ポール!と、ポールに実際に会う事があれば、その辺丁寧に真摯にぺこぺこしながら質問して聞いてみたい。
a0189732_23245974.jpg

それぞれ、CD2枚+DVD、CD3枚+DVDという仕様なので、じっくりボーナスCDも聞き込みたいと思っている。

一般の評価は低いのだけれど、おそらく2枚ともポール自身愛着があるから、今回第二弾のアーカイブにあればれたのだろうな、きっと。
僕もスキです、この2枚。
ああ、ポールちゃん、好きよ。
[PR]
by hirowilbury | 2011-06-14 23:27 | ビートルズ

ソー・バッド

1983年の『PIPES OF PEACE』収録の名曲。
当時、アメリカではシングルカットされてビルボード23位を記録。
(本国英国ではB面の『PIPES OF PEACE』がA面として発売されて全英1位を記録)

アルバムからの第一弾シングルがM.ジャクソンとの『SAY SAY SAY』の後だったので、非常に地味なヒットに思えるかもしれないけれど、曲としては、こちらの方がよっぽど好きである。
『LONDON TOWN』収録の『GIRL GRIEND』同様、マイケルにプレゼントすることを前提で書いたような、美しい曲である。
こういう風に、時折、信じられないような美しい曲を何食わぬ顔で作ってしまうポールには、やはり参ってしまう。。

とにかく、当時放映されたこの曲のPVは、異常なカッコよさである。
リンゴがドラムで参加しているのも興奮した。
そして、ポールのベースは、やはりリンゴのドラムによく合う。
この絶妙の『間』は独特で、「あうん」の呼吸と言うのはこのことを言うのだ。

『SAY SAY SAY』がM.ジャクソンとのデュエット、と言うことで、曲と同じく、PVも非常にお祭り的なものであって、企画色が強かったのに対して、この曲は、本来のポールの美しい作風の曲で、PV自体も非常にシンプルで、ポールは勿論、リンダも非常に綺麗で表情がいい。
そして、タッグ・オブ・ウォーあたりから、ポールの参謀役として参加していた、元10CCのエリック・スチュアートも親分を前に少し控えめだけれど、しっかりポールを支えている。
エリックの存在は、ジョンを亡くして非常に孤立感を感じていた当時のポールにとっては、非常に心強い存在だったと思われる。
(1986年のアルバム『PRESS TO PLAY』では遂にポールの『共作』するにまでなった)

この曲は、当時日本でもシングルカットされて、個人的に好きでした(今でも)。
ポールはヘフナーもいいけど、ネックの長い、リッケンバッカー・ベースが似合うなあ。。
↓是非見てね。
http://youtu.be/P4ys4auEDfY
[PR]
by hirowilbury | 2011-06-11 21:41 | ビートルズ

ポールのDVD『ポールマッカートニー・アンソロゾー』という3枚組DVDが好きである。
ライヴDVDもたくさん出ているけれど、その殆どが2000年代に入ってからのものであって、逆にこういうプロモーションフィルム(フィルムっていわねーか、今は・・)を集めたDVDというのは、ファンとしては待望のというDVDなのである。
a0189732_2051361.jpg


とにかく、ポールにはPVがたくさんある。
これは3枚組みなのだけれど、まだまだ未収録のものがたくさんある。
出し惜しみしないで、全て出してね、ポールちゃん。
ファンはちゃんと買うんだから。

DVDはディスク1が1970-1983、ディスク2が1983-2005、そしてディスク3がライヴ・コレクションという風に、ちゃんとコンセプトが決められていて、観るこちらもちゃんと心構えができるようになっている。
ライヴ・ビデオでは(DVDか・・)『ROCKSHOW』とか『UNPLUGGED』なんかも入っていて嬉しいのだけれど、勿論完全版ではなくて、一部しか入っていない。
出し惜しみしないで、全て出してね、ポールちゃん。
ファンは勿論ちゃんと買うんだから。

好きなPVはいっぱいあるのだけれど、中でも1987年の『ONCE UPON A LONGAGO』のPVが昔から好きだ。
この曲は、当時発売されたベストアルバム「ALL THE BEST」の英国盤と日本盤に収録された、新曲であって、ポールからの素敵なクリスマス・プレゼントだったのだ。
今思ったのだけれど、この曲はアメリカでは発表されたのだろうか?
英国ではベスト10ヒットになったけれど・・。

当時のポールは、どうなんだろう。
やはりスランプだったのか。

曲自体もポールが手癖でさっさと仕上げてしまったみたいな所があって、取り立ててポールの歴史に残るような名曲ではないと思う。しかし、やはり音楽というのは、その時に聞き手にどう伝わったか、なのである。この曲を聴くと、当時を鮮明に思い出す。

とにかく、小生はポールの新曲に飢えていた。
前の年に、かなり力を入れて作った佳作「PRESS TO PLAY」を出したのだけれど、見事チャート上ではズッコケテしまって、ポールの往年からの評価ももう一つだった。(小生は好きでした)
話題になった割には、評価低かったなあ・・。

そこで、ポールは自分のスタッフ陣をかなり入れ替えて、心機一転、じっくりアルバムを作成することにする(それが起死回生の名作『FLOWERS IN THE DIRT』ね。このあたりの復活劇を思い出しただけで、ポールファンは涙が出そうです・・)

この曲は、当時の製作中の新曲だったのかどうか、は正直わからないのだけれど、しかし、出たときは聴きまくりました。

何度も言うけれど、曲はポールの中では平均、並み。普通。ポールの才能では。
しかし、個人的には思い入れの強い曲です。
ワンス・アポン・ロング・アゴー。1987年。小生中学2年生のクリスマスでした。
↓是非観てね
http://www.youtube.com/watch?v=yBsSUptatMw
[PR]
by hirowilbury | 2011-06-04 20:50 | ビートルズ

勘弁してください・・

デニス・デッパーという人がポールの名作「RAM」を丸ごとカバーしたアルバムを聴いた。
ジャケットから、何からほぼ完コピーである。
当然期待は高まる。
本人が全て楽器から何から担当している、いわゆるワンマンアルバムである。
しかし・・・。

なんだこれは・・。

聴いていて素人みたいなデモテープであって、ガッカリしてしまった。
これなら、勿論本家本元ポールの「RAM」を聴いているほうがよっぽど賢明である。
ポールのことが好きなのは痛いほど分かる。
分かるけれど、これは・・。

もう小生のCD棚から引っ張り出される事はないと思われる。
今日の一枚はこれです。
残念。。

↓デニス・デッパー盤
a0189732_22131515.jpg

↓本家ポール盤
a0189732_22135369.jpg

↓デニス・デッパー盤CDはこんな感じ。ジャケの中もそっくりなのにね。
a0189732_22144451.jpg

↓本家ポール「RAM」内ジャケです。
a0189732_2216577.jpg

↓以前「RAM」を掲載した小生のブログ。
http://wilbury.exblog.jp/11841544/
[PR]
by hirowilbury | 2011-06-01 22:17 | 音楽