ストーンズの数アルバムの中で、一番何が好きか?と聞かれると、誰もが困ってしまうと思われる。
何せ、デビューして今年で48年、発表して来たアルバムも、何十枚とある。
いわゆる世間一般で言うと「ベガーズ・バンケット」とか「レット・イット・ブリード」、「メインストリートのならず者」とかが、よく名盤紹介などに載っている。
素晴らしい。一番ストーンズで脂が乗っていた時期のレコードなので。

しかし、個人的に「好きなレコードは?」と聞かれると、間おかずに「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」と答える。1965年に出たデッカ時代のアルバム。
↓米国盤「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」。
a0189732_17371419.jpg


このレコードを買ってもらったのが小生小学4年のとき。
前にも何かで書いた記憶があるのだけれど、ストーンズのアルバムを1枚買ってもらえる事になって、レコード屋さんに行って買ってもらった初めてのストーンズのアルバムである。
学校が休みの日の昼から、確か廉価盤LPか何かで1750円。
買ったLPは収録曲こそ同じだけれど、日本独自の曲順で1曲目が「サティスファクション」。
大好きな「ラスト・タイム」も入っている。
しかし、通して聴いてみるともう一つピンと来ない。
しかし、大枚はたいて買ってもらったLP、良さが分らないのは悔しいので、何回も何回も聴いた。
ようやく、1曲1曲の違いや、良さが分ってきたのが、サザエさんが終わる頃(笑)
多分、その日だけで、20回以上は聴いたと思われる。
それ以来、色々とストーンズのアルバムは聴いたし、その後の新譜も聞いたけれど、今でも一番好きなLPはこの「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」。
「マーシー・マーシー」とか「ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラブ・イズ」とか「グッド・タイムス」とか、いいんだわ、これが。殆ど、他人のカヴァーだけれど。
初期は、R&R、R&Bのカヴァーの方が、ミック・ジャガーの歌唱は良いんだな、これが。
「マーシー・マーシー」を聴くと、ミックって、ドン・コヴェイのボーカルに影響をモロに受けたのでは?と思ってしまうくらい、ドンのボーカルにそっくり(笑)
ドン・コーヴェイのアルバムは、何枚か買ったけれど、やっぱり、ミックそのもの。
いや、ミックがドン・コヴェイそのもの、なのね。
以下、聞き比べてみてください。

↓ストーンズ「マーシー・マーシー」
http://www.youtube.com/watch?v=TwFFHfLj4oQ&feature=related
↓ドン・コヴェイ「マーシー・マーシー」
http://www.youtube.com/watch?v=FEqZuFh_pdk&feature=related

ややこしいのだけれど、この「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」は米国、英国でアルバムジャケット、収録曲が異なっていて、しかも英国盤「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」は、米国盤「ディッセンバーチルドレン」のアルバムジャケと同じ。うむ、ややこしい。
↓英国版「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」。ジャケと収録曲が米国、日本と異なる。
a0189732_17381182.jpg

↓米国発売「デッセンバーチルドレン」ジャケは、英国盤「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」と同じ。
 しかし、収録曲が異なる(笑)
a0189732_17374973.jpg



日本盤は米国盤に準じていて、ジャケット、収録曲は同じ。曲順が違うのね。
英国の「アウト・オブ・アワ・ヘッズ」は、米国「ディッセンバー~」と米国「アウト・オブ・アワ・ヘッド」を足して2で割った感じ。これはこれで味があって好きです。

日曜の午後に、このレコードを聴くと、買ってもらった当時、昼からこのレコードばかり聞いていたことを今でも思い出します。
[PR]
by hirowilbury | 2011-10-23 17:54 | 音楽

サムシング・エルス

キンクスのデラックス・エディション、この「サムシングエルス」は日本盤を購入してみた。
輸入盤と違って、帯に紙ジャケ仕様、ボーナスにオランダ盤のジャケットがついていて(それにDISC2が収納されている)、少し値段が高いかな?という気がするけれど、音もよくなってるし、ま、いっか、って感じです。
このアルバムでのハイライト、というのはやはり「ウォータールー・サンセット」という事になる
だろう、きっと。
昔自分のバンドで、この曲をレパートリーに加えた事があったけれど、この曲の事、分かってくれ
た人、いるかなあ。
英国のウォータールー川に夕日が浮かぶ風景を想像しながら、聞いてみてください。

a0189732_13404625.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=YpL4xbfmXlQ

「WATERLOO SUNSET」The KINKS

汚れた川よ 夜の闇に 淀みなく流れていけ
忙しそうな人の群れは
眩暈さえ感じさせる
タクシーのライトが眩しい
だけど僕には友達はいらない
ウォータールーの夕暮れを眺めていれば
それだけで幸せだから

毎日 この窓から世界を眺める
夕暮れ時は寒い
そしてウォータールーの夕陽はとても素敵

金曜の夜 テリはジュリーに会う
ウォータールーの駅で
僕はどこにも行かず のんびりするのが好き
夜は部屋で過ごす
だけど不安は感じない
ウォータールーの夕暮れを眺めていれば
それだけで幸せだから

ウォータールー駅には
たくさんの人たちが集まる
テリとジュリーは橋を渡る
そこまで行けば落着けるから
二人には友達はいらない
ウォータールーの夕暮れを眺めていれば
それだけで幸せだから
[PR]
by hirowilbury | 2011-10-23 13:41 | 音楽

キンクスの初期3枚

久々の更新になってしまったのだけれど、相変わらずドンドンCDは増加してます(苦笑)
たまたま傍で流れているキンクスのデラックス・エディション。
98年にキンクスのアルバムはリマスターされていて、当時、全てのアルバムを購入したの
のだけれど、今回も性懲りなしに、購入してしまった。
輸入盤だけれど。

少し前に「PICTURE BOOK」なる、キンクスの6枚組みボックスセットも買ったので、
どうせ、ボックスと同じ音だろう、と思ってたのだけれど。。。聴いてみると・・・。

あのボックスセットはなんだったのだろうか?という位、今回のデラエディのリマスター
は素晴らしい。

やはり60年代のロックはモノラル録音がよいです。
 (勿論今回、ステレオバージョンも入っていて、それはそれで良い)
ファーストからサードまで、ぶっ通しで聞いてます。
とくに初期の2枚は、2トラック録音なので、音がむちゃ生々しいなあ。。

昨日、「サムシング・エルス」のデラエディも購入したので(これは日本盤、いわゆるSHM-CDってやつ)、またゆっくり聴こ。

a0189732_1116092.jpg

[PR]
by hirowilbury | 2011-10-16 11:18 | 音楽