今では信じられないかもしれないけれど、ビートルズが解散してソロになって、一番苦労したのはポールである。世間の評価、そして期待とは裏腹に、ポールはソロになって自分の音を確立するのに苦労した。

ジョンは「ジョンの魂」、ジョージは3枚組の大作「オール・シングス・マスト・パス」、そしてリンゴまでもが「センチメンタル・ジャーニー」でちゃんと世間の期待通りの内容でアルバムを作って、高い評価を受けた。

他の3人は自分たちの「やりたい音」や「自分の言いたいこと」を形にすれば、ビートルズとは違った「自分の音」を作り上げることが出来た。しかし、ポールが自分のやりたい音をやろうとすると、結局ビートルズになってしまう。暴言を覚悟で言うと、「ビートルズの音」というのはポール・マッカートニーの音だったのだ。
しかし、前にも書いたけれど、ポールと言う人は意地っ張りな人であって、そこは素直にビートルズの音をなぞるような事をするような人ではない。
だから、小生はポールが好きなのね、こういう意地っ張りなところが。

世界的にバカ売れしたのに、批評家を中心に「幼稚だ」と避難された1stソロ・アルバム「マッカートニー」に続いて発表されたのが、この1971年発表「RAM」である。
a0189732_18383332.jpg



今回ポール・マッカートニー・アーカイブ・コレクションの第4弾として発売された。
今回はCD4枚+DVD1枚という大盤振る舞いで、しかも見たこともないような写真がいっぱい載っている豪華なブックレットや、ポール自身がスケッチしたアルバムジャケットのコンテ(手書き)原版のレプリカ、プレス用の5枚セット生写真、リンダが羊を記録した冊子など、とにかくオマケがいっぱいであって、ミーハーなポールファンの小生としては嬉しくなってしまって、何回も何回も見直している。
寝る前に布団に潜り込んで、そしてそれをニヤニヤしながら1枚1枚じっくりと見るのである。
そんな小生は今年39歳になる。
↓豪華なボックスセット!CD4枚+DVD1枚
a0189732_18392027.jpg

↓あけるとオマケいっぱい!
a0189732_18393490.jpg

↓生写真5枚!(撮影→1枚除いてリンダ・マッカートニー)
a0189732_1840670.jpg

↓ポールが書いたアルバムのアイデアメモレプリカ
a0189732_18401767.jpg

↓リンダ撮影、羊と戯れる(笑)ポール、ジャケットの別ショット(ブックレットより)
a0189732_18402942.jpg


勿論アナログも同時に再発売された。
しかし、今回発表されたこのアルバムの「モノバージョン」のミックスは美しい。
オリジナルを超越している。これは、当時まだ主流だったAMラジオ放送局用に作られたミックスだそうだ。どう聞いてもミックス違い、と思われるものもある。
このあたり、今後じっくり聞き比べてみたい。
しかし、なんでこのアルバムはジャケットが真っ白なのだろう。
当時もそうだったのかな?
↓左上に「RAM-MONO」と記されているだけ
a0189732_1840466.jpg



「マッカートニー」がスコットランドにある自宅に1人引き篭もって、全ての楽器演奏、歌、プロデュース、録音と全てポール自身がやってのけたのと違って(一部コーラスでリンダ・マッカートニー)、「RAM」はやり手のスタジオ・ミュージシャンを起用して、気分転換の意味もあったのだろう、ニューヨークに飛んで制作された。リンダ・マッカートニーの故郷はニューヨークなので、結婚直後の里帰りっていう意味もあったのかな?
↓オマケのブックレットより
a0189732_18411389.jpg


そして、名義は「ポール&リンダ・マッカートニー」である。
ジョン&ヨーコを意識したところもあったのだろう。
しかし、当時ポールが音楽に関して素人だったリンダをパートナーになぜ加えたのか、というところなどは涙が出てくる。
1からキーボードを教えて、歌の練習をさせて。
「二人ぼっちの二人」っていう感じ。少し孤立してたもんね、当時のポールは。
↓ブックレットより
a0189732_18415290.jpg


しかし、そのリンダのコーラスがその後のポールのアルバム、ウィングスの楽曲の隠し味になって、再び世界の頂点に昇りあがっていくのだから、ポールはやはり正しかったのだろう、きっと。
いや、ポールは正しかったのである。

「マッカートニーはスタジオのテストみたいなものだった」とポールが語っていたように、このアルバムでのポールは、恐らくかなり練りに練って、しかもかなりの力を込めてアルバムを作っているように思われる。だいたいポールという人は、力を込めてしまうと色々いじり過ぎて、力みが入ってしまって、オーヴァー・プロデュース気味になってしまう事が多いのだけれど、このアルバムはポールの意地がそうさせたのだろう、多少の力みはあるけれど、これぞポールというアレンジ、楽曲展開、演奏、歌、全てに躍動感がにじみ出ている。
これはポールの意地である。
a0189732_1842874.jpg


しかし、当時は「マッカートニー」と同じように世界的に大ヒットしたにも関わらず、世間の評価は手厳しかった。おそらく、当時世間はハードロック色が強く、こういうポップアルバムは評価されにくい時期だったのだと思われる。ビーチ・ボーイズだって「サンフラワー」や「サーフズ・アップ」という超傑作を作っていたけれど、殆ど評価されなかった。
ビートルズ解散直後、という事もあって「ポール大好き」というと、笑われてしまう風潮もあったと思われる。結局世間が素直にポールを受け入れる世の中ではなかったのである。


80年代、小生が学生だったころもそうである。
「ポール・マッカートニー、ビートルズがすきです」というと、馬鹿にされた。
回りにいた友人達は、誰も評価していなかった。小生が「これはポールの傑作で・・」と笛や太鼓を持って、南海ホークスや近鉄バファローズの応援団みたいに褒めちぎっても、誰も同意してくれなかったじゃないか。
ポールの新作となると、更に友人たちは見向きもしなかった。
「まだやってたの?ポール・マッカートニーって。誰か死んだやん?あれは誰やったっけ?」
と逆に質問される有様だったのである。
そんな時でも、辛い想いをしてポールファンを自称してきた小生としては、今頃になって再評価されてきても困るのである。
ビートルズだって80年代は殆ど馬鹿にされてたもんね。
だから、当時ビートルズで盛り上がった友達、というのは今でも大切な友達であって、ちゃんと付き合いも続いているのである。
あいつら、なんで当時分ってくれなかったのだろう(笑)。
このアルバムの良さが当時もっと評価されていたら、80年代のポールがスランプだの、終わっただの言われることは無かったのである。
我々ポールファンは非常に悔しい思いをしてきたのであって、当時ポールを馬鹿にした音楽評論家を小生は今でも忘れない。その評論家、そして友人に直接会って、直接「その時は馬鹿にしてくれてありがとう」と低姿勢で、丁寧に伝えてみたい(笑)。
a0189732_18545648.jpg


という訳で、自分の気持ちとしては「ざまーみろ。だから言っただろ?自分は正しかったんだ」と大声で言いたい。ミーハーなポールファンとしては当たり前のことである。
そんな小生は今年39歳になる。

正直、まだまだポールのプロデュース能力も荒削りで、編集能力が足りない部分もある。
もっと上手く出来ただろうに、という箇所だってない事はない。
アルバム全体の音だって、「バンド・オン・ザ・ラン」や「バック・トゥ・ジ・エッグ」なんかの傑作に比べると、非常に不安定な音作りだと思われる。
しかし、これがポール・マッカートニーなのだ、と大声で言いたい。
天然なのである。手作りの人なのである。
自分の才能を認めない。人に言われても自分の才能に気づかない。
あんたは長嶋茂雄か。

↓今回が復刻4弾。あ、「バンド・オン・ザ・ラン」のCDボックス写すの忘れた(笑)
a0189732_1848567.jpg


恐らくポールの新作は勿論、今後もアーカイブシリーズの発売は続くであろう。
こうなったら貴方に死ぬまでついて行きます。

↓「Ram」より、頭3曲が聴けます。気に入ったら、リマスター盤買って聴いてみてね。
http://www.youtube.com/watch?v=pSQxVJ6Khms&feature=related

※なおこのアルバムは小生のブログの記念すべき1回目の記事でした。<これです。>
[PR]
by hirowilbury | 2012-05-27 19:00 | ビートルズ

名作や傑作を残して、有名な歌手や作家が亡くなって、しかし遺作となった作品はその後も色々と影響を与え続けて引き継がれて行って、語り継がれていく。
それらの作品は、亡くなった本人が承認の上で発売して行った物なので、問題はない。
しかし、当事者が亡くなった後に発掘されて世に出たレコードというのは、微妙である。
本人が制作中に亡くなってしまった、という場合もあるけれど、それだって本来、最終的なチェックすら本人が行なっていない。
生前の意思を尊重して発売しました、といっても、本当のところ分からないのである。

ジミ・ヘンの「ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン」もそうだし、ジョンの「ミルク・アンドハニー」もそう。数えればキリがない。
もしかして、ビートルズのラスト・アルバムとなっている「レット・イット・ビー」だって、ビートルズが解体していなかったら、発売されていなかったかも知れない。

↓「遺作」と呼ばれるアルバム達。
a0189732_1340222.jpg



ジャニス・ジョプリンのアルバムは昔から良く聴く。
初めて聴いたのは中学3年のとき。
田舎のレコード屋さんには、ジャニスのレコードが一枚もなくて、レコード番号をメモして注文した。
レコード屋さんの店員さんは「中学生でジャニス?年ごまかしてるんちゃう?」と言われました。
はいはい、ごまかしてますごまかしてます、って答えたのを覚えている(笑)。
a0189732_13315959.jpg


最初に入手して聴いたのは遺作になった「PEARL」。
このアルバムの制作中の1970年10月4日ジャニスはホテルの一室で遺体になって発見されている。
今でも色々分らない部分があって、謎の部分があるのだけれど、死因はヘロインの摂取過多と言われている。
片手には4ドル50セントを握り締めていて、おそらくタバコを買うために握っていたのだろう。
ほぼアルバムは完成していて、残すのは「生きながらブルースに葬られ」のヴォーカル入れだけだったという。この曲は結局アルバムに収録されたけれど、ジャニスのボーカルなしのインストで収録されている。

映画「ジャニス」を見ていると、彼女がインタビューで「10年ぶりに高校の同窓会に行く」と発言している。
しかし、高校時代のことを彼女は「友達なんかいなかったし、誰も声をかけてくれなかった。街の笑いものだったわ。」
と発言している。実際に同窓会に行って見ると、有名人が故にサインはねだられる。
しかし、友達もいなくて、誰とも話をせず、話し相手のなっているのはジャニスの妹だけである。
これ以降、一切同窓会には行かなかったそうだ。
↓映画「JANIS」1974年公開。
a0189732_13285873.jpg


スタジオでのリハーサルでも、バンドのメンバーがミーティングをしてる中、1人全く別のことを話している。
話し相手になっているバンドのメンバーも困っているのだけれど、ジャニスはやめない。
そのうち、誰もジャニスを相手にしなくなる。
そして、彼女は拗ねてスタジオを出て行こうとする。
その時、誰かが「ジャニス、行くな」と声をかける。
彼女はニコッと笑って、戻ってくる。
↓映画「ジャニス」からの1シーン。
http://www.youtube.com/watch?v=HesegFuY3pk&feature=related

要するに、誰かに見られていたい、注目されていたい、そしてかまっていて欲しい、ということなのだろう。
これをわがままと取るかどうかは人それぞれだろう。
しかし、小生からするとジャニスの気持ちも分かる。
もう、学生時代に屈辱を受けた自分には戻りたくなかったのだろう。


4月にジャニス・ジョプリンの発掘ものが2つほぼ同じ時期に発売された。

一つは、遺作になった「PEARL」でのセッションをまとめた物で、ビートルズのアンソロジーみたいに1曲が仕上がっていく過程も収録されていて、こういうのはファンとしては嬉しくてたまらないのだけれど、本人が生きていたら出していただろうか?と思ってしまう。
a0189732_13305516.jpg

2枚組になっていて、1枚はオリジナル・アルバムのリマスター、そして、2枚目がセッションを記録したアウト・テイクスである。彼女のアウトテイクスの音を今までも色々聴いてきたけれど、はずれがないのである。
練習だから、と気を抜いている音源は少ない。
没テイクだからといって、オフィシャル音源とも引けを取らない。
今までに発掘されたライヴ音源にしても、ほぼ全ての音源、映像がそうである。
要するに、彼女は歌う事に全てを注いでいたのだろう、きっと。
その中でも、DISC2の「MOVE OVER」を仕上げていくジャニスの歌声は素晴らしい。

↓「MOVE OVER」

http://www.youtube.com/watch?v=YMVPBhf3gMA

そういう意味では、ジャニス・ジョプリンの音源は、本人の意思とは別に例え未完成であっても残していくべき物なのかもしれない。
a0189732_1338214.jpg


そして、2枚目は1968年6月に行なわれたカルーセル・ボールルームでのライヴアルバムである。
a0189732_13312816.jpg

なので、名作「チープ・スリル」の発表直前のライヴ、と言うことになる。
まだこの頃のジャニスは、ビッグ・ブラザー・アンド・ホールディング・カンパニー(以下BBAHC)
をバックに歌っている時期なのだけれど、この後彼らと袂をたって、別のバック・バンドを結成する
ことになる。
↓「CHEAP THRILL」の裏ジャケ
a0189732_13325822.jpg

本人はずっと、BBAHCと組んで歌い続けたかったようだけれど、やはり贔屓目に見てもバック
バンドとしての彼らは、ジャニスとは差が歴然としてしまっている。
非常にジャニス自身、力が入っていて熱が伝わってくるものになっているのだけれど、対照的にBBAHCというバンドの出来は酷くて笑ってしまう。
↓「SUMMERTIME」
http://www.youtube.com/watch?v=mzNEgcqWDG4

音質がスタート時はあまり良くはないのだけれど、徐々に安定していく。
恐らく当時、ライヴアルバム制作を前提に録音されたものなのだろう。

これからも彼女の発掘物は発売されていくものと思われる。
こうなったら、とことん付き合うので、出し惜しみせずに全て出し尽くして欲しい。
a0189732_13331529.jpg

[PR]
by hirowilbury | 2012-05-05 15:00 | 音楽