ジョンが亡くなって以降、ビートル3人と共演した「ビートルズ以外」のミュージシャン、ということになると彼だけでである。しかも、共演ではなく、正式に言うとプロデュースまで引き受けてしまったのだから、余計世界で唯一の男、ということになる。
そのジェフ・リンと、彼が70年代から80年代に率いたE.L.O(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の「新作」がほぼ同時に発売された。
↓E.L.O約10年ぶりの新作「The best of E.L.O/Mr. Blue Sky」と約22年ぶりのソロ・アルバム「LONG WAVE」
a0189732_192643.jpg


言うまでもないけれど、ジェフ・リンという人はE.L.Oのリーダーであって、70年代には一世を風靡した人である。ソロ・アルバムもびっくりしたけれど、この「E.L.O」の「新作」にはもっとびっくりしてしまった。しかも、当時のメンバーは一人もいない状態である。

まず、E.L.Oなのだけれどタイトルだけ見ると普通の「ベスト・アルバム」である。
代表曲が入っていて、何も言わなければE.L.Oの過去の名曲が入ったアルバムを買いに来たファンは単なるベスト盤だと思ってしまうだろう、きっと。しかし、なんと、ほとんどの曲がリ・レコーディングされていて、しかも殆どの演奏・歌をジェフ・リン一人で担当している。リミックスでもなくて、リニューアルである。
カヴァーというか、ほとんど完コピーに近い。アレンジさえほとんど一緒である。
本人は別に、当時のE.L.Oのオリジナルを非難しているわけではなくて、ここは単純に「当時のレコーディング技術が伴っていれば、こうしたかった」というものなのだろう。
E.L.Oというバンド自体、ジェフ・リン自身のバンドだったのだから、結局彼がE.L.Oの曲を演奏しても、結局それはジェフ・リンの音になるのである。
なので、これはこれで正しい音なのである。
今まで歴史的な大物ミュージシャンをプロデュースして復活させてきた自信なのかもしれない。
「過去の名曲のエッセンスを散りばめて、そのミュージシャンをカムバックさせた男」なのだから。
元ヤクルト監督の野村監督のような人である。

新曲「POINT OF NO RETURN」も入ってるから、純粋にE.L.O名義の新作の発表も近いということなのだろうか。それとも2001年の「ZOOM」のアウトテイクなのだろうか。そのあたり、よくわからないけれど。
↓ジェフ・リン、2枚のアルバムのインナーより近影
a0189732_19561861.jpg


そして22年ぶりとなるジェフ・リン名義のソロアルバム「LONG WAVE」である。
初のソロアルバムが1990年の「アームチェアー・シアター」で、小生が高校2年の夏だった事を思うと、本当に久しぶりである。人間で言うと、当時生まれて、今では成人式も終えている、そう書いてみるとやっぱり凄い年月なのである、22年は。

聴いてみると、全10曲、約30分程度の作品で、しかも全編スタンダート・ナンバーのカヴァーである。コステロもカヴァーしていた「SHE」、「SMILE」なんかも歌っているし、エヴァリー・ブラザーズの「SO SAD」、ドン・コヴェイの「MERCY MERCY」なんかも歌っている。もちろん全て自身の演奏で。今回はオリジナルなしである。
最近はポール・マッカートニー、ロッド・スチュワートも昔のスタンダートナンバーを歌ったレコードを出したりしているけれど、立派にオリジナルを作ることができる人がこういうカヴァーアルバムを作る、というのはどういう時なのだろう。
これから活動をリスタートさせるための、リハビリということになるのかな、やっぱり。

全編、非常に彼らしい、いつもどおりの「彼の音」であって、安心して聴ける。
E.L,Oという名義がない分、非常に肩の力が抜けていて、これからもこうすればイイのに、と思ってしまう。世間がこれからも聞きたいのは、彼のソロアルバムなのではないか、と思われる。
理由は、過去の名曲のパロディ満載だから。
おそらく、彼に斬新な音は求める人はいないだろう。求めているのは、「あ、こんなところにこんなフレーズを使ってる」といかいう「パロディ」である。
E.L.Oのアルバムではできないだろうけれど、ソロでは思う存分遊べるのではないか。
今後、ソロ活動を再開するための「テスト」「試運転」的なアルバムなのだろう、きっと。
ちなみに、奥田民生のプロデュースしたpuffyは、基本ジェフ・リン、E.L.Oのパロディであることを記しておく。
↓ソロ・アルバム「LONG WAVE」収録曲。全11曲、全てカヴァー曲。
a0189732_1614532.jpg


彼とビートルズとの関係は1986年、1987年ごろに遡る。
ジョージ・ハリスンが「CLOUD NINE」のプロデュースに彼を迎えて、制作したことが発端である。元々ジョージという人は地味な人だから、ソロ・アルバムであっても「脇役的」な所があって、主役のくせに遠慮して、脇役っぽくなってしまうところがある。
そのジョージを見事に「主役の座」に仕立てたのがジェフ・リンである。
つまり、「ジョン、ポール、リンゴの役割」をジェフが担当して、「ビートルズのジョージ」を再現したのである。

基本はロックン・ロールであって、ジョージの不思議なコード進行と、ジェフのビートルズ的な部分とがマッチして、しかもちゃんと捻りが聞いていて、これぞ「ジェフ・マジック」というものだった。これでジョージは息を吹き返し、「セット・オン・ユー」が全米1位、アルバム「CLOUD NINE」も大ヒットと大復活を遂げる(全米8位)。

↓1987年ジョージ・ハリスンの大ヒットアルバム「CLOUD NINE」
a0189732_19292422.jpg

↓参加ミュージシャンは豪華。ジェフ・リン、E.クラプトン、エルトン・ジョン。ドラムはリンゴ。
a0189732_19491512.jpg

↓アルバムからの1sシングル、かつ大ヒット「セット・オン・ユー」のシングル盤。
a0189732_1951251.jpg


その後、アルバムから2枚目のシングルをカットをする際に、そのB面に収録する曲を録音しようと再びジョージにジェフが呼ばれて、曲を新たに書くことになったのだけれど、その時ジェフと一緒にスタジオにやってきたのが、ロイ・オービスンであり、トム・ペティであり、そしてボブ・ディランであった。
そこでせっかくこの5人が集まったのだから1曲作ろう、となって、近くのダンボール箱に書いてあった「取り扱い注意」というフレーズを使って出来上がった曲があの「Handle With Care」だった、というのは有名な逸話である。
しかしこれはB面に入れるには勿体無い、どうせなら1枚アルバムをつくっちゃえ、となって結成されたのが、Traveling Wilburysだった。夢のような話である。
この時から小生のハンドルネームは全て「wilbury」を使うようになった。関係ないか、これは(苦笑)。

↓伝説のTRAVELING WILBURYS、もうこのメンバーでのレコーディングは実現は不可ですね(泣)アルバムは全部で2枚。
a0189732_19554193.jpg


ジェフはその後、ウィルベリーズのメンバーのソロアルバムのプロデュースも積極的に手がけて、見事大ヒットを記録させた。特にロイ・オービスンの復活をこの時考えた人は、ほとんどいなかったと思われる。
↓80年代後半から90年代前半にかけてジェフがプロデュースした作品たち。トム・ペティ、ロイ・オービスン、デル・シャノンなど。彼が手がけたアルバムのジャケットにはギターの登場する回数が多い様な・・・
a0189732_19565472.jpg


↓自身も初のソロを発表。現在は入手不可能の1990年発表名盤「アームチェアー・シアター」。小生の高校2年の時の思い出のアルバム。再発売希望!
a0189732_19405864.jpg


↓1992年にはリンゴの大傑作「TIME TAKES TIME」も一部手がける。リンゴの「バシャ」という的確なドラムにはジェフのプロデュースはぴったりかも?
a0189732_16234355.jpg


しかし、不思議なことに、彼に関わったミュージシャンは、それを置き土産になくなっていく人が多い。ロイも直後に急死、「ロイに代わってウィルベリーズのセカンドに参加する」と噂されたデル・シャノンまでも自殺してしまう。恐らく、同じくジェフが大部分を手がけたデル・シャノンの遺作「ROCK ON」はウィルベリーズのセカンドアルバムとして制作されていたのではないか、と思われるくらいジェフの色が濃い。

↓ジョン・レノンのデモテープにビートル3人が演奏、ボーカルをオーヴァーダブした1995年の「新曲」、「フリー・アズ・ア・バード」と「リアル・ラヴ」のシングル盤。ジェフのプロデュース。
こちらも英国盤と米国盤があります(笑


a0189732_19544085.jpg


↓ビートルズ・アンソロジーの後、ジェフが共同プロデュースしたポール1996年の名作ソロ「フレイミング・パイ」。ポール色は流石にポールが死守した感じ(笑)流石にジェフもポールの前では1ファンか(苦笑)。結局、ポールの妻リンダはこの作品への参加が最後になった。
これは珍しい?米国盤。英国盤もラックにあります(笑)
a0189732_19501075.jpg


↓ジョージ唯一の来日公演を収めたライヴ。クラプトンとの共演。1991年。小生高校を休んで大阪城公園へ観に行きました(笑)
ジェフはジョージとプロデューサーを担当。
a0189732_19505142.jpg


↓<おまけ>「セット・オン・ユー」のB面(←死語?)「レイ・ヒズ・ヘッド」。CDでは現在入手困難の名曲。最初、これの代わりにウィルベリーの曲が入る予定だったと思ってましたが、あれは結局2ndシングルだったのね。
a0189732_1953370.jpg


こうやって改めて見ていくと、やっぱり彼に関わったミュージシャンには死の匂いを感じる。
ロイ、デル、そしてジョージ、そしてポールの妻であったリンダもその後亡くなった。
ビートルズの「再結成」で、亡きジョンのカセット・テープの声を蘇らせたのもジェフだった。

なんとも不思議な人である。
本人はどう思っているのだろう。

と思いながら、ソロを聴いていたら、CD内に一枚の広告が・・・。

↓1stソロがリマスターにて再発売、の告知が!?
a0189732_19573465.jpg

[PR]
by hirowilbury | 2012-10-18 19:00 | ビートルズ

最近、別に行く先もなく会社帰りに一人でぶらぶらして、思い立った店に入ってお酒を飲んでいる。
こういう風にするのは元々大好きであって、ひとりなら誰に気を使うこともなく、自由である。
予約して行くのがあまり好きではなくて、ましてや下調べしてからその店に行くなんて、小生の性には合わない。

車を運転して、地図も行く先も決めずに走るのが好きである。
とにかく道はつながっているのだから、走っていればなんとかなるのである。
道に迷うスリルとか、この道がどこに行くのか、なんて考えながら走るのが好きで、最近ではナビなんていう便利なものがあって、行き先さえ入れれば勝手に誘導してくれて便利なのだけれど。
そのあたり小生の性格なのだろう。
結局適当なのね。なんとかなる、って思ってるから(笑)

昔からビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」が好きである。
↓今回発売されたDVD+blueray+アナログ盤(EP)ボックス「MAGICAL MYSTERY TOUR」
a0189732_23125888.jpg

映画の出来とか、それはまた別の話であって、もちろんビートルズなのだから、好きに決まってる。恐らく好きな理由は「バスに乗って行くあても決めずに、行く先で起こる出来事をフィルムに収める」というそもそものコンセプトが好きなのだろう、きっと。

英国では日曜日になると、知らぬ者同士が小型のバスに、ビールをいっぱい詰め込んで、行くあてもない旅に出て、ビールを飲みながら、いや飲んだくれながら酔っ払って、アコーディオン奏者の歌をみんなで大声で昔から伝わる民謡なんかを歌いながらツアーをする、というものが伝統らしい。素晴らしい。恐らくビートルズがデビュー前に行っていた小さいバンに楽器を詰め込んでドサ回りをしていた頃もルーツとしてあるのだろう。
こういうツアーが日本でもあるのならぜひ参加してみたい。

ビートルズ、主にポールが脚本、監督、編集、制作を行った「マジカル・ミステリー・ツアー」がようやくリマスターされてDVD化された。
↓ボックスの箱の中身
a0189732_2312192.jpg

元々発起人はポールであって、あの「サージェントペパーズ」の発売前に、飛行機の機上の中でアイデアが浮かんで、メモしたものが元になっている。
デビュー以来のマネージャーであり、ビートルズをデビューさせたブライアン・エプスタインが32歳の若さで亡くなって、ビートルズは船長をなくして方向性を見失いかけていた時期である。
そこで、すべて自分たちでやろう、というポールが他の3人を鼓舞する様に企画した第一弾がこの自主制作映画である。

↓今回の発売にあたってアップルが宣伝用に作成したフィルム
http://www.youtube.com/watch?v=tLWzOBTjjL0

さっきも書いたけれど、脚本はほとんどない状態で撮影が始まった。
ただバスを借りて、俳優たちを自分たちで選んで、旅に出て行く先での出来事をフィルムで収めたというだけである。何かが起きていたら、映画の内容も変わっていただろう、きっと。
しかし、何も起こらなかった。結局これで良かったのである。

当時約50分ほどの映画として編集されて、英国では1967年12月のクリスマスにTV放映された。
当然あのビートルズが企画した映画であって、ファンは固唾をのんで放映を見た。
しかし、この映画の良さはカラーで観て初めて良さが伝わる内容であって、誰からも評価は散々で、ビートルズ初の失敗作と酷評された。
ポールは当時「将来必ず映像と音楽が普通にリンクする時代がやってくる」と発言していた。
結果は見ての通りであって、80年代前半には、音楽のPVが制作されることが当たり前になった。
ビートルズは10年近く先を行っていたのである。ザマーミロ。
↓映画の中で「アイ・アム・ザ・ウォルラス」の演奏シーン。素晴らしい。
a0189732_233561.jpg


しかし、カラー放映を前提に撮影されたこの映画も、当時英国ではまだモノクロテレビが普通だったので全く良さが伝わらなかったのも酷評された要因だったのだろう、きっと。
日本でもテレビで1968年に放映されたけれど。英国から届いたフィルムの4巻の箱を順番を間違って放映したけれど、誰も間違いに気づかなかったらしい。
それくらい、難解なものだったのだろう、当時は。
今観てみると、元祖MTVである。普通である。やっぱりビートルズはすごかったのである。
ザマーミロ。

小生は、中学3年の時に購入したレーザー・ディスクを所有していてそれを大切に大切に見ていた。
↓1988年発売レーザーディスク。今見ると映像は荒いけれど、しかし、当時はこれはこれで美しく感動した。
a0189732_2341924.jpg


当時も映像が非常に綺麗になっていて感動したのだけれど。しかし、さらにこのDVD化は非常に美しい。
映像が丁寧にレストアされていて、非常に美しいものになっている。フィルムに入っていた僅かなキズも修正されていて、色合いもビートルズみたいに真っ青である。美しい。

以前のレーザーディスクと日本語の字幕の違いもあって、その違いを見つけて楽しんでいる小生は、来年ジョンレノンと同じ40歳になる(笑)

中身は映画のDVD,ブルーレイ、当時英国で発売された2枚組EP盤の復刻(しかも45回転でモノラル盤)のセットである。
正直、DVDとブルーレイをひとつのボックスに収めて、意味があるのか、という議論もあるだろう。ブルーレイというのは、DVDよりも画質が良いのだからこれを抱合せで、ボックスに収めるというのは、正直邪道である。レコード会社の商品単価アップのための作戦である。
買った人のレヴューをインターネットで読んでも、なんだこんな高いもの買わせやがって、と怒りのレヴューも見受けられる。
昔は価格が高くても誰も文句を言わなかった。
その価格が貯まるまで、いろんなものを犠牲にして、欲しければ購入したのである。
お金が貯まるまで色んなものを我慢して。
小生はビートルズを購入するのなら我慢する。
このあたり、時代の流れなのだろう。消費者が強くなった、というのはこのあたりにもよく表れている。

そして何を言ってもサントラ盤の素晴らしさである。
↓我が家には「マジカル~」のLPが3枚(笑)。左から、米国盤、英国盤、日本盤。
a0189732_2365496.jpg


映画の新曲は6曲であって、6曲だけではアルバム1枚は作れない。
英国ではこれをシングル2枚組で発売するという、当時では新しい手法で発売された。
このあたり、ビートルズは流石である。

↓2枚組のEPサントラ。日本でも当時はこの形態で発売。これは当時のもの。
a0189732_238211.jpg

↓中のブックレットには日本語で「無いはずの」ストーリーが書かれています。
a0189732_23121233.jpg


しかし、米国ではこういう発売形態は前例がなくて、1枚のアルバムを独自に編集して発売している。それが今普通に入手できるCDであって、映画の曲をレコードのA面に6曲、そして当時シングルで発売された曲をB面に曲を収めてアルバムとして発売した。
それが今出回っているCD「マジカル・ミステリー・ツアー」である。
↓我が家には「マジカル~」のCDが3枚(笑)。1987年初CD化の時のもの、現在のリマスターCD、モノボックスのモノラル盤。
a0189732_2392195.jpg


楽曲は、言うまでもないけれど素晴らしい。
「フール・オンザ・ヒル」、「マザー・シュッド・ノウ」を書いたポールは神懸かり的である。
ジョンも「アイ・アム・ザ・ウォルラス」である。もう、いう事はないだろう。
その音源も今回の映画の音声では5.1chでスピーカーから鳴る。涙が出そうなくらい美しい。

↓映画のエンディング「ユア・マザー・シュッド・ノウ」。ジョンがおちゃめ。ポールの胸のバラが一人だけ黒色、というのが後に「ポール死亡説」の根拠に・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=ukHnsrHRQdI&feature=related
映画については、何も言うことはないだろう。
好き嫌いが分かれる作品だとは思うけれど、小生は圧倒的に支持する。
内容を語りだすとキリがないので、小生のブログではここまででとどめておく。

今回、久々に作品を観て、今まで小生が入手してきたマジカル関連のものを集めてみた。
これからも発売されるたびに購入すると思われる。
こういう風に何が起こるかわからないビートルズはやっぱりマジカルミステリーツアーなのである。

↓「マジカル~」関連のシングル盤。
a0189732_23101610.jpg

↓アメリカのジュークボックス用に作られたシングル盤。色は黄色。B面は「フール・オン・ザ・ヒル」という異色のカップリング。
a0189732_23111468.jpg

[PR]
by hirowilbury | 2012-10-12 23:17 | ビートルズ