昔からカヴァーアルバムって言うのが好きで、有名な曲を有名な歌手が歌ったりするとつい買ってしまったりする。黄金のヒット曲を、プロで百戦錬磨の歌手が歌うのだから、悪いわけがないのであって、しかも、なんか、すごく偉い感じがするから好きなのである。
「歌手〇〇、ゴールデンヒッツを歌う!」みたいな感じで、強そうな感じがするじゃないか。
小生は「グレイテスト・ヒッツ」なんてタイトルのアルバムを見つけてしまうと、思わず感嘆してやぱり聴きたくなってしまう。恐らくシングル盤を聴いて育った世代だからだろう、きっと。

友人にそういう話をしたことがあって、それを覚えてくれていたのだろう、昔CDをプレゼントされたことがある。
なんとそれは由紀さおりが歌う童謡歌集だったのだけれどね(笑)。

最近は昔の曲をアルバムでフルカヴァーするアーティストが多くなったような気がする。
しかも、「ヒット曲」中心ではなくて、「隠れた名曲」というのをカヴァーするのだな、最近これが。ロッド・スチュワートはソング・ブックと題して何枚もカヴァー曲ばかり集めて歌ったアルバムを出したりもしている。ポール・マッカートニーでさえヴォーカル・ジャズをカヴァーしたアルバムを出したりした。
あ、トータス松本がサム・クックのアルバム「ツイスティン・ナイト・ザ・ウェイ」を丸々カヴァーしたアルバムってのもあったな、最近。

つまり、もう音楽、曲を作るにもネタが切れてしまったのだろうか、と思ったりしてしまう。
名曲ばかりを歌っているのだから、アルバムの出来もそれぞれが素晴らしいのだけれど。
しかし、ロッドはあれでいいと思うのだけれど、ポール・マッカートニーにはちゃんとオリジナルで埋め尽くしたアルバムを出していただきたい。今回あれで一休みしたのだから、世界をあっと言わせるような名作を、あの「ワンダー・ラスト」や「バンド・オン・ザ・ラン」のような、聴いているこちらが笛や太鼓をもって走り回りたくなるような名作をもう一回作っていただきたい。

ルーマーのセカンド・アルバム「BOYS DON'T CRY」が発売された。

↓古きよき時代を思わせるジャケットも良い。
a0189732_19364594.jpg

彼女はパキスタン生まれながらイギリスでデビューした、遅咲きのシンガー・ソングライターである。聴いているとカレン・カーペンターみたいな歌声に、うっとりしてしまう。
リタ・クーリッジみたいに聞こえる時もあって、非常に美しい。

1stアルバム「Seasons of My Soul」 は2010年の発売なので、2年ぶりの新作ということになる。
基本、オリジナルで固めた前作と違って、今回は全てカヴァー曲である。
前にも書いたことがあるのだけれど、よく出来たデビューアルバムというのは、アマチュア時代のストックされた曲なんかがあったり、初々しいそのアーティストの生の感覚があるので、ダイアモンドの原石みたいにピカピカに輝いている。
だからファンは支持する。大いに支持する。
しかし、セカンドになると世間の期待も大きくなってしまって、自身のプレッシャーもあるのだろう、ファーストに比べてこじんまりしたものになってしまうことが多い。
結局その後泣かず飛ばず、というミュージシャンを幾つも見てきた。

今回、ルーマーのアルバムは全てカヴァー曲である。
一度自分の足元を見直して、もう一度自分の好きな歌を歌う、という原点に戻ったのだろう。
ジミー・ウェッブ、トッド・ラングレン、ポール・ウィルアムズ、ホール&オーツなんかもある。
ギルバート・オサリバンもやってたりする。
更に、ニール・ヤングもあったりする。ニール・ヤングのカヴァー「ア・マン・ニーズ・ア・メイド」は美しい。

↓オリジナルアーティストのアルバムジャケをインナーに掲載。
a0189732_19375752.jpg

そのあたり、10代や20代前半でデビューしたアーティストと違って、アマチュアを10年経験して、31歳でデビューした下積み時代の経験が生きたのだろう。自分の足元をしっかり見ることが出来るアーティストなのだろう、きっと。
バート・バカラックが絶賛した歌声も相変わらず健在であって、聴いていて惚れ惚れしてしまう。
全てが男性歌手のカヴァーというのも、彼女自身の歌唱力の自身の表れのようにも思える。

↓レオン・ラッセル、ニール・ヤングのカヴァーも美しい
a0189732_19394076.jpg


↓アルバムからホール&オーツのカヴァーを(PCのみ試聴可?)
http://www.youtube.com/watch?v=ddYZ33vN4h4&feature=related

↓1stシングル「P.F.SLOAN」ジミーウェッブのカヴァーですね(PCのみ試聴可)
http://www.youtube.com/watch?v=ZZApRNG5P-w

非常に完成度が高いアルバムであるけれど、彼女にとっては次作へのプロセスに過ぎない。
恐らく、近いうちに彼女が歴史的名盤を生み出すのもそう遠い先ではないな、きっと。
このアルバム、内容は小生が保証する。
[PR]
# by hirowilbury | 2012-06-11 20:10 | 音楽

ビートルズ4作目の映画「イエロー・サブマリン」がDVDとブルーレイで新装発売になった。
1999年に5.1ch化した映画のDVDと、リミックスしたCDがでたけれど、その画質をはるかに上回っている。これが1968年の作品であることが信じられない美しさである。
↓輸入盤と日本盤、発注ミスで2枚届きました。。トホホ(泣)
a0189732_17275587.jpg


↓オマケのセル画。透明です。
a0189732_1729119.jpg


↓同じくオマケのシール。勿体無くて使えません(笑)
a0189732_17293850.jpg


アニメーション映画であって、4作目といっても直接ビートルズは制作には関わっていない。
なので、最初映画のために新曲を、と頼まれても4人は乗り気ではなくて、「サージェント」でのアウトテイクや、没になっていた曲をあっさり提供して、いわばやっつけ仕事だった。
しかし、映画が完成してみると、その完成度の高さに4人は驚いて、映画の最後に少しだけ自らが出演する事を決めた、という逸話がある。

↓ビートルズが登場する最後の場面。「ALL TOGETHER NOW」の字幕「さあ皆さんご一緒に!」という文字を見ると、何故かウルッと来ます(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=_sAKRpjmZj0

ビートルズは5作の映画を残しているけれど、恐らく一番完成度が高い作品がこの「イエロー・サブマリン」ではないかと思われる。
アートの世界、そして当時のサイケデリックな世界もしっかり描かれているし、何しろ「第三者」が描く「ビートルズ」がしっかり描かれている。そのあたり、ビートルズの4人自身も完成度の高さに、びっくりしたのではないだろうか?
ビートルズと言うグループは、自らの才能を良く分っていないところがあって(特にポール)、人に言われるまで自分達の才能に気づかない、というところがある。
そのあたり、彼らの現役時代、こういう風に第三者が彼らのイメージを描くと、もっと状況は変わっていたかもしれない、と思うのは小生だけかな。

小生がこの映画を初めて見たのは、ビートルズ・ファンクラブ(当時は「ビートルズ・シネ・クラブ」だったかな?)でのフィルムコンサートであった。しかし、フィルムに傷がかなり入っていて、しかも(当然ながら)モノラルであった。
その後に見たのは、今では信じられないけれど1988年ごろにサンテレビでなんと「イエロー・サブマリン」の日本語吹き替え版が放映された。それもフィルムにかなり傷が入っていて、しかも当時の小さいモノラルテレビで観た程度であった。
なので、今回のリストアされたフィルム、左から、右から音が飛んでくる5.1chサラウンドの音は凄まじい。映像も音声もだけれど、所々挿入されているビートルズの曲が5.1chで聞こえてくる様は、幸福である。
オリジナルアルバムも、限定発売でいいから、リミックスすればいいのにね。

ストーリーは、「昔むかし、この世に楽園がありました。そこはペパーランドという名で、音楽に満ち溢れた素晴らしいところでした。しかし、空飛ぶグローブと、軍隊を率いたブルー・ミニーズが音楽を追放し楽園を破壊すべく宣戦布告をしたのです。ビートルズのジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴがペパー・ランドをブルー・ミニーズから守り、平和を取り戻すために立ち上がりました」というものである。


ビートルズは他にも現役時代に4本の映画を残している。
1本目が言うまでもなく「A HARD DAYS NIGHT」(ビートルズがやってくる。ヤア!ヤア!ヤア!)である。監督はリチャード・レスター。1964年の作品。
英国独特のユーモアセンスのある人で、ある意味「くだらない」ギャグの塊である。
しかし、彼のセンス、好きです。
邦題の「ヤア!ヤア!ヤア!」というタイトルは、あの水野晴雄が付けたらしい。
恐らく「シー・ラヴズ・ユー」のイメージがあったのだろう。イカしてるタイトルだと思う。
内容は、普段どおりのビートルズを描いた、素晴らしい映画だった。とにかくビートルズが走っている。自由である。モノクロであるけれど、まさにこれがビートルズ、という傑作である。
世界中の少年に与えた影響度で言うと、彼らの映画の中でもNo.1だろう、きっと。
小生もその1人である。

↓昔購入したレーザーディスク(LD)とDVD。
a0189732_172007.jpg


2作目が「HELP!」。同じくリチャードレスター監督。
前作がモノクロだったにに対して、今回はカラー。総天然色なのである。1965年作品。
内容は、前作と違ってちゃんとストーリー、脚本もきっちり書かれていて、映画としての世間的なウケとしてはこちらに軍配が上がるかもしれない。
これもドタバタコメディーであって、かといって、ちゃんと4人のキャラは普段どおり描かれているし、このあたりビートルズが選ぶスタッフには間違いがない。

↓「HELP!」のLDは2枚持ってました(下はDVD)。ジャケの写真は裏焼き?字幕の違いも風情があります。
a0189732_17203061.jpg


3作目は、これまでと異なってテレビ用に制作された1時間映画「マジカル・ミステリー・ツアー」である。マネジャーのブライアンが急死してしまって、ポールが主導権を握って制作した今で言う、プロモビデオ(今は言わない?笑)の走りである。1967年作品。
確かに、ストーリーは殆どなくて、ただバスに乗って「マジカル・ミステリー・ツアー」に出かけ、そこで起こった事をフィルムに収めた、というもの。
当時は「ビートルズ初の失敗作」として酷評された。
当時は、英国も白黒TVが主流で、この映画はカラーで観て初めて素晴らしさが分るものである。
後になって、再評価された。先を行き過ぎたのである。さすがはビートルズ、さすがはポールである。「アイ・アム・ウォルラス」の演奏場面は、今見ても美しい。

↓「マジカル・ミステリー・ツアー」は未DVD化。未だに1988年購入のLDを観てます(笑)。
a0189732_17221481.jpg


4作目が「イエロー・サブマリン」で、5作目があの「レット・イット・ビー」である。1970年作。
これはアルバム制作の模様を映像で記録しようと制作されたものだけれど、結局解散へのフセンに
なってしまった悲しい映画である。唯一正式に発売されていないのも、当時の嫌な思い出があるのだろう。ファンとしては早く、トップ・ルーフ・コンサートを綺麗な映像で観たいのだけれどね。

↓まだ正式に商品化されていない映画「レット・イット・ビー」。これはブート。昔民放で放映されたSONY提供番組のVDが他にあります(笑)
a0189732_1724157.jpg


今回あわせて、1999年にリミックスされたサウンドトラック盤も再発された。
当然、リマスターされているのだろうと思って購入したけれど、残念ながらノン・リマスターだった。リミックスで十分音が良くなっているのだから、いいのだけれど、ちょっと残念。
↓今回再発されたリミックス盤CD。パッケージがエコジャケに変更。音はノン・リマスター。
a0189732_17242376.jpg


↓1999年発売の限定アナログ。盤が黄色(笑)他に通常の黒盤もございます(笑)
a0189732_17255585.jpg


オリジナルの「イエロー・サブマリン」はA面6曲がビートルズ、B面がジョージ・マーティン・オーケストラによるサウンドトラック集だった。
↓これがオリジナルの「イエロー・サブマリン」。B面はG.マーティンオーケストラのBGM。
a0189732_1745753.jpg


リミックス盤は、映画の中に使用されたビートルズの曲のみをリミックスしたものが15曲収録されている。
小生としては、オリジナルのマーティンオーケストラのサウンドトラックも好きなので、どちらが好きとは決められない。

最近はビートルズの音源や、映画、思ってもない映像が綺麗な映像で観れるようになって幸せである。こうなったら、とことん出して欲しい。こっちも、ずっと付き合う覚悟である。

a0189732_1730879.jpg


↓オマケにこれを。金沢明子シングス「イエロー・サブマリン音頭」。制作は大瀧詠一です。
シングル盤は小学6年のときに買いました。

http://www.youtube.com/watch?v=cUKGC_5OoWU
[PR]
# by hirowilbury | 2012-06-07 19:50 | ビートルズ

今では信じられないかもしれないけれど、ビートルズが解散してソロになって、一番苦労したのはポールである。世間の評価、そして期待とは裏腹に、ポールはソロになって自分の音を確立するのに苦労した。

ジョンは「ジョンの魂」、ジョージは3枚組の大作「オール・シングス・マスト・パス」、そしてリンゴまでもが「センチメンタル・ジャーニー」でちゃんと世間の期待通りの内容でアルバムを作って、高い評価を受けた。

他の3人は自分たちの「やりたい音」や「自分の言いたいこと」を形にすれば、ビートルズとは違った「自分の音」を作り上げることが出来た。しかし、ポールが自分のやりたい音をやろうとすると、結局ビートルズになってしまう。暴言を覚悟で言うと、「ビートルズの音」というのはポール・マッカートニーの音だったのだ。
しかし、前にも書いたけれど、ポールと言う人は意地っ張りな人であって、そこは素直にビートルズの音をなぞるような事をするような人ではない。
だから、小生はポールが好きなのね、こういう意地っ張りなところが。

世界的にバカ売れしたのに、批評家を中心に「幼稚だ」と避難された1stソロ・アルバム「マッカートニー」に続いて発表されたのが、この1971年発表「RAM」である。
a0189732_18383332.jpg



今回ポール・マッカートニー・アーカイブ・コレクションの第4弾として発売された。
今回はCD4枚+DVD1枚という大盤振る舞いで、しかも見たこともないような写真がいっぱい載っている豪華なブックレットや、ポール自身がスケッチしたアルバムジャケットのコンテ(手書き)原版のレプリカ、プレス用の5枚セット生写真、リンダが羊を記録した冊子など、とにかくオマケがいっぱいであって、ミーハーなポールファンの小生としては嬉しくなってしまって、何回も何回も見直している。
寝る前に布団に潜り込んで、そしてそれをニヤニヤしながら1枚1枚じっくりと見るのである。
そんな小生は今年39歳になる。
↓豪華なボックスセット!CD4枚+DVD1枚
a0189732_18392027.jpg

↓あけるとオマケいっぱい!
a0189732_18393490.jpg

↓生写真5枚!(撮影→1枚除いてリンダ・マッカートニー)
a0189732_1840670.jpg

↓ポールが書いたアルバムのアイデアメモレプリカ
a0189732_18401767.jpg

↓リンダ撮影、羊と戯れる(笑)ポール、ジャケットの別ショット(ブックレットより)
a0189732_18402942.jpg


勿論アナログも同時に再発売された。
しかし、今回発表されたこのアルバムの「モノバージョン」のミックスは美しい。
オリジナルを超越している。これは、当時まだ主流だったAMラジオ放送局用に作られたミックスだそうだ。どう聞いてもミックス違い、と思われるものもある。
このあたり、今後じっくり聞き比べてみたい。
しかし、なんでこのアルバムはジャケットが真っ白なのだろう。
当時もそうだったのかな?
↓左上に「RAM-MONO」と記されているだけ
a0189732_1840466.jpg



「マッカートニー」がスコットランドにある自宅に1人引き篭もって、全ての楽器演奏、歌、プロデュース、録音と全てポール自身がやってのけたのと違って(一部コーラスでリンダ・マッカートニー)、「RAM」はやり手のスタジオ・ミュージシャンを起用して、気分転換の意味もあったのだろう、ニューヨークに飛んで制作された。リンダ・マッカートニーの故郷はニューヨークなので、結婚直後の里帰りっていう意味もあったのかな?
↓オマケのブックレットより
a0189732_18411389.jpg


そして、名義は「ポール&リンダ・マッカートニー」である。
ジョン&ヨーコを意識したところもあったのだろう。
しかし、当時ポールが音楽に関して素人だったリンダをパートナーになぜ加えたのか、というところなどは涙が出てくる。
1からキーボードを教えて、歌の練習をさせて。
「二人ぼっちの二人」っていう感じ。少し孤立してたもんね、当時のポールは。
↓ブックレットより
a0189732_18415290.jpg


しかし、そのリンダのコーラスがその後のポールのアルバム、ウィングスの楽曲の隠し味になって、再び世界の頂点に昇りあがっていくのだから、ポールはやはり正しかったのだろう、きっと。
いや、ポールは正しかったのである。

「マッカートニーはスタジオのテストみたいなものだった」とポールが語っていたように、このアルバムでのポールは、恐らくかなり練りに練って、しかもかなりの力を込めてアルバムを作っているように思われる。だいたいポールという人は、力を込めてしまうと色々いじり過ぎて、力みが入ってしまって、オーヴァー・プロデュース気味になってしまう事が多いのだけれど、このアルバムはポールの意地がそうさせたのだろう、多少の力みはあるけれど、これぞポールというアレンジ、楽曲展開、演奏、歌、全てに躍動感がにじみ出ている。
これはポールの意地である。
a0189732_1842874.jpg


しかし、当時は「マッカートニー」と同じように世界的に大ヒットしたにも関わらず、世間の評価は手厳しかった。おそらく、当時世間はハードロック色が強く、こういうポップアルバムは評価されにくい時期だったのだと思われる。ビーチ・ボーイズだって「サンフラワー」や「サーフズ・アップ」という超傑作を作っていたけれど、殆ど評価されなかった。
ビートルズ解散直後、という事もあって「ポール大好き」というと、笑われてしまう風潮もあったと思われる。結局世間が素直にポールを受け入れる世の中ではなかったのである。


80年代、小生が学生だったころもそうである。
「ポール・マッカートニー、ビートルズがすきです」というと、馬鹿にされた。
回りにいた友人達は、誰も評価していなかった。小生が「これはポールの傑作で・・」と笛や太鼓を持って、南海ホークスや近鉄バファローズの応援団みたいに褒めちぎっても、誰も同意してくれなかったじゃないか。
ポールの新作となると、更に友人たちは見向きもしなかった。
「まだやってたの?ポール・マッカートニーって。誰か死んだやん?あれは誰やったっけ?」
と逆に質問される有様だったのである。
そんな時でも、辛い想いをしてポールファンを自称してきた小生としては、今頃になって再評価されてきても困るのである。
ビートルズだって80年代は殆ど馬鹿にされてたもんね。
だから、当時ビートルズで盛り上がった友達、というのは今でも大切な友達であって、ちゃんと付き合いも続いているのである。
あいつら、なんで当時分ってくれなかったのだろう(笑)。
このアルバムの良さが当時もっと評価されていたら、80年代のポールがスランプだの、終わっただの言われることは無かったのである。
我々ポールファンは非常に悔しい思いをしてきたのであって、当時ポールを馬鹿にした音楽評論家を小生は今でも忘れない。その評論家、そして友人に直接会って、直接「その時は馬鹿にしてくれてありがとう」と低姿勢で、丁寧に伝えてみたい(笑)。
a0189732_18545648.jpg


という訳で、自分の気持ちとしては「ざまーみろ。だから言っただろ?自分は正しかったんだ」と大声で言いたい。ミーハーなポールファンとしては当たり前のことである。
そんな小生は今年39歳になる。

正直、まだまだポールのプロデュース能力も荒削りで、編集能力が足りない部分もある。
もっと上手く出来ただろうに、という箇所だってない事はない。
アルバム全体の音だって、「バンド・オン・ザ・ラン」や「バック・トゥ・ジ・エッグ」なんかの傑作に比べると、非常に不安定な音作りだと思われる。
しかし、これがポール・マッカートニーなのだ、と大声で言いたい。
天然なのである。手作りの人なのである。
自分の才能を認めない。人に言われても自分の才能に気づかない。
あんたは長嶋茂雄か。

↓今回が復刻4弾。あ、「バンド・オン・ザ・ラン」のCDボックス写すの忘れた(笑)
a0189732_1848567.jpg


恐らくポールの新作は勿論、今後もアーカイブシリーズの発売は続くであろう。
こうなったら貴方に死ぬまでついて行きます。

↓「Ram」より、頭3曲が聴けます。気に入ったら、リマスター盤買って聴いてみてね。
http://www.youtube.com/watch?v=pSQxVJ6Khms&feature=related

※なおこのアルバムは小生のブログの記念すべき1回目の記事でした。<これです。>
[PR]
# by hirowilbury | 2012-05-27 19:00 | ビートルズ

名作や傑作を残して、有名な歌手や作家が亡くなって、しかし遺作となった作品はその後も色々と影響を与え続けて引き継がれて行って、語り継がれていく。
それらの作品は、亡くなった本人が承認の上で発売して行った物なので、問題はない。
しかし、当事者が亡くなった後に発掘されて世に出たレコードというのは、微妙である。
本人が制作中に亡くなってしまった、という場合もあるけれど、それだって本来、最終的なチェックすら本人が行なっていない。
生前の意思を尊重して発売しました、といっても、本当のところ分からないのである。

ジミ・ヘンの「ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン」もそうだし、ジョンの「ミルク・アンドハニー」もそう。数えればキリがない。
もしかして、ビートルズのラスト・アルバムとなっている「レット・イット・ビー」だって、ビートルズが解体していなかったら、発売されていなかったかも知れない。

↓「遺作」と呼ばれるアルバム達。
a0189732_1340222.jpg



ジャニス・ジョプリンのアルバムは昔から良く聴く。
初めて聴いたのは中学3年のとき。
田舎のレコード屋さんには、ジャニスのレコードが一枚もなくて、レコード番号をメモして注文した。
レコード屋さんの店員さんは「中学生でジャニス?年ごまかしてるんちゃう?」と言われました。
はいはい、ごまかしてますごまかしてます、って答えたのを覚えている(笑)。
a0189732_13315959.jpg


最初に入手して聴いたのは遺作になった「PEARL」。
このアルバムの制作中の1970年10月4日ジャニスはホテルの一室で遺体になって発見されている。
今でも色々分らない部分があって、謎の部分があるのだけれど、死因はヘロインの摂取過多と言われている。
片手には4ドル50セントを握り締めていて、おそらくタバコを買うために握っていたのだろう。
ほぼアルバムは完成していて、残すのは「生きながらブルースに葬られ」のヴォーカル入れだけだったという。この曲は結局アルバムに収録されたけれど、ジャニスのボーカルなしのインストで収録されている。

映画「ジャニス」を見ていると、彼女がインタビューで「10年ぶりに高校の同窓会に行く」と発言している。
しかし、高校時代のことを彼女は「友達なんかいなかったし、誰も声をかけてくれなかった。街の笑いものだったわ。」
と発言している。実際に同窓会に行って見ると、有名人が故にサインはねだられる。
しかし、友達もいなくて、誰とも話をせず、話し相手のなっているのはジャニスの妹だけである。
これ以降、一切同窓会には行かなかったそうだ。
↓映画「JANIS」1974年公開。
a0189732_13285873.jpg


スタジオでのリハーサルでも、バンドのメンバーがミーティングをしてる中、1人全く別のことを話している。
話し相手になっているバンドのメンバーも困っているのだけれど、ジャニスはやめない。
そのうち、誰もジャニスを相手にしなくなる。
そして、彼女は拗ねてスタジオを出て行こうとする。
その時、誰かが「ジャニス、行くな」と声をかける。
彼女はニコッと笑って、戻ってくる。
↓映画「ジャニス」からの1シーン。
http://www.youtube.com/watch?v=HesegFuY3pk&feature=related

要するに、誰かに見られていたい、注目されていたい、そしてかまっていて欲しい、ということなのだろう。
これをわがままと取るかどうかは人それぞれだろう。
しかし、小生からするとジャニスの気持ちも分かる。
もう、学生時代に屈辱を受けた自分には戻りたくなかったのだろう。


4月にジャニス・ジョプリンの発掘ものが2つほぼ同じ時期に発売された。

一つは、遺作になった「PEARL」でのセッションをまとめた物で、ビートルズのアンソロジーみたいに1曲が仕上がっていく過程も収録されていて、こういうのはファンとしては嬉しくてたまらないのだけれど、本人が生きていたら出していただろうか?と思ってしまう。
a0189732_13305516.jpg

2枚組になっていて、1枚はオリジナル・アルバムのリマスター、そして、2枚目がセッションを記録したアウト・テイクスである。彼女のアウトテイクスの音を今までも色々聴いてきたけれど、はずれがないのである。
練習だから、と気を抜いている音源は少ない。
没テイクだからといって、オフィシャル音源とも引けを取らない。
今までに発掘されたライヴ音源にしても、ほぼ全ての音源、映像がそうである。
要するに、彼女は歌う事に全てを注いでいたのだろう、きっと。
その中でも、DISC2の「MOVE OVER」を仕上げていくジャニスの歌声は素晴らしい。

↓「MOVE OVER」

http://www.youtube.com/watch?v=YMVPBhf3gMA

そういう意味では、ジャニス・ジョプリンの音源は、本人の意思とは別に例え未完成であっても残していくべき物なのかもしれない。
a0189732_1338214.jpg


そして、2枚目は1968年6月に行なわれたカルーセル・ボールルームでのライヴアルバムである。
a0189732_13312816.jpg

なので、名作「チープ・スリル」の発表直前のライヴ、と言うことになる。
まだこの頃のジャニスは、ビッグ・ブラザー・アンド・ホールディング・カンパニー(以下BBAHC)
をバックに歌っている時期なのだけれど、この後彼らと袂をたって、別のバック・バンドを結成する
ことになる。
↓「CHEAP THRILL」の裏ジャケ
a0189732_13325822.jpg

本人はずっと、BBAHCと組んで歌い続けたかったようだけれど、やはり贔屓目に見てもバック
バンドとしての彼らは、ジャニスとは差が歴然としてしまっている。
非常にジャニス自身、力が入っていて熱が伝わってくるものになっているのだけれど、対照的にBBAHCというバンドの出来は酷くて笑ってしまう。
↓「SUMMERTIME」
http://www.youtube.com/watch?v=mzNEgcqWDG4

音質がスタート時はあまり良くはないのだけれど、徐々に安定していく。
恐らく当時、ライヴアルバム制作を前提に録音されたものなのだろう。

これからも彼女の発掘物は発売されていくものと思われる。
こうなったら、とことん付き合うので、出し惜しみせずに全て出し尽くして欲しい。
a0189732_13331529.jpg

[PR]
# by hirowilbury | 2012-05-05 15:00 | 音楽

よく夢を見る。
そして、夢を見るのが好きで、なので、曲のタイトルに「夢」と付くと、他人事とは思えなくなって、聴きたくなってしまう。
おそらく数え切れないくらいあるだろう、「夢」とタイトルの付く楽曲。
蛇足だけれど、昔、シーナ&ロケッツの「YOU MAY DREAM」という曲は、タイトル自身が、一つの洒落である。
そういうのって、好きです(笑)
小学1年の時、YMOと同じレコード会社だったから、好きでした。シーナ&ロケッツ。
学校に彼らを知っている子は一人もいなかったけどね(苦笑)。
子供ながらに「♪それが私の~」ってところで転調する所が、大好きでした。
↓シーナ&ロケッツ「YOU MAY DREAM」
http://www.youtube.com/watch?v=R8i0q8OI9i4&feature=related

夢を見るというのは、眠り浅い、なんていう人もいるのだけれど、よく分らない。
夢に関して色々な本を読んだりしたけれど、やっぱりよくわからない。
しかし、見る夢の内容とその時の精神状態は連動している事が多いみたい。
夢占いだとか、予知夢なんていうのもある。

小生は昔から「夢ノート」というのを書いている。
どういうものかというと、名前の通りその日に見た夢をノートに一気に書きとめる。
しかし、少し時間が経ってしまうと、思い出そうとしても断片しか思い出せなくて、その断片も時間が経てば忘れてしまう。

なので、起きるとすぐに覚えているままに記録する。
いつも枕元にノートを一冊置いていて、断片だろうが何だろうが、すぐに書く。

小生は小学3年生から始めていた。中学、高校を卒業して、就職したからも4年ほど続けていた。
少しストップしていたのだけれど、また数年前から記録を再開した。

すると、やっぱり不思議なことがよく起きる。
まず、ノートに書いている時は勿論覚えているのだけれど、日が経つと、そのノートに書いている内容でさえも、そんな夢は見ていないような気がしてくる。
記録したノートを見返してみても、実際にそんな夢を見たかな??というその夢自体を否定するような、記憶喪失になっているような時がある。

しかし、忘れていても、その夢は、数年経ってからいきなり「現実」として自分の前に現れることがある。
いわゆる予知夢、「デジャ・ヴ」というやつになるのかな。
その光景を何処かで見たことがある、ああ、夢であったぞ、こんな場面、というものである。

昔からママス&パパスは好きで、ベタだけれど「カリフォルニア・ドリーミング」という曲が大好きである。
↓「CALIFORNIA DREAMIN'」。邦題は「夢のカリフォルニア」。(スマホでは見れないかも。パソコンからなら閲覧OK)
http://www.youtube.com/watch?v=N-aK6JnyFmk&feature=related

この曲が入ったアルバムを入手したのは小生が中学1年の春だったと思う。
a0189732_22284685.jpg


はっきり覚えてないのだけれど、当時見た夢の中にこの曲が流れて、それでそのメロディだけが頭の中をぐるぐる回っていて、少ししてから突然この曲の事を思い出して、レコード屋さんに走って行って購入した。

ママス&パパスは、ジョン・フィリップス(2001年没)、デニー・ドーハティ(2007年没)の男子2名と、キャス・エリオット(1974年没)、ミッシャル・ギリアムの女子2名の男女混成4人組である。
美しいハーモニーで人気だったのだけれど、グループ内の男女関係は結構ドロドロしちゃったみたいね。
a0189732_22294598.jpg


しかし、小生にとってはそんなことはどうでもよくて、このコーラス・バンドが大好きで、この「夢のカリフォルニア」が入ったファーストアルバム、「IF YOU CAN BELIEVE YOUR EYES AND EARS」が大好きである。
多感な頃に聞いたというのもあるのだろう、きっと。
全米でNO.1になった「MONDAY MONDAY」、ビートルズのカヴァーでジョンレノンが16歳のときに作っていたという「I CALL YOUR NAME」のアレンジも斬新だし、「YOU BABY」のアレンジも小生は大好きである。止めは「CALIFORNIA DREAMIN」と言うことになるけれど、アルバム全体の完成度も高い。ここまで凝ったアレンジが出来たのは、ジョン・フィリップスの才能だろうな、きっと。キャス・エリオットのヴォーカルも大好きだけどね。
a0189732_222945.jpg



1966年頃のアメリカ、カリフォルニアの雰囲気がよく伝わってくるアルバムである。
それまで1964年にビートルズが全米デビューして英国勢に押されっぱなしだった米国勢の中でも抜きん出た人気だったのが彼らで、1967年のモンタレーにはトリを務めている。このとき、ジャニス・ジョプリンや、ジミ・ヘン、ザ・フーなんかに美味しい所を持っていかれて、しかも彼ら自身の演奏も散々で、そのあたり不運な感じもあるのだけれど。
↓1967年「モンタレー・ロック・フェスティバル」より。
http://www.youtube.com/watch?v=CIrUwZmueJE

昨日見た夢に、彼らが歌っているスタジオに修学旅行に行く、という場面があった。
簡単に書いておくと、何故か奈良の阪奈道路をぞろぞろと歩いて、当日泊まる宿舎に向ってる。
何故か宿舎に着いたら会議をやっていて、いきなり「hiroさん、ちょんぼしましたね」と誰かに言われて、罰則として貴方はママス&パパスのスタジオにはいけません、と言われる。
仕方が無いので、一人で山の中を歩いていると、ママス&パパスのキャス・エリオットに会って英語で話をされる。
何を言っているのか分らないのだけれど、しかし、彼女に付いて行くと学校の教室に着いて、そこでママス&パパスのコンサートが始まる。
そこで「夢のカリフォルニア」を聴いた。

こういう風に、夢で見て夢が題名になった曲を聴きなおす、というのも中々乙なものである。
a0189732_22351450.jpg


なお、もし興味ある方は、ママス&パパスに関しての詳細はスペースの関係上wikipediaとかで調べてみてください。
[PR]
# by hirowilbury | 2012-04-22 22:37 | 音楽

小生が住んでいた故郷には、街のレコード屋さんはあったけれどそこには当然輸入盤なんて置いてなくて、1年に1回程度、街のデパートの催し物会場にやってくる大阪のレコード屋が中古の輸入盤を販売していて1週間位するとまた大阪へ帰っていく、という程度だった。

今と違って、輸入盤は日本盤よりも高くて、とても小学生の貯めたお小遣いでは買えなかった。
ビートルズの日本盤では見たことのないジャケットのレコードを見つけても、眺めるだけで買えなかった。

↓通常のビートルズ「ア・ハード・デイズ・ナイト」
a0189732_1535778.jpg


催し物会場に来ている期間は限られているので、1週間もすると大阪に帰ってしまう。
そこに通っては、毎日ジャケットを眺めていた。
明日には売れてしまってもう無いかもしれない。
欲しいけれど、しかし、高くて買えない。
仕方なく、ジャケットを頭に焼け付けて帰っていく。
そんな毎日が続いた事があった。

「ア・ハード・デイズ・ナイト」のアメリカ盤は、今発売されている青色のジャケットに4人の連写写真がレイアウトされているものと違って、ジャケットは赤色で連写の写真から4人の写真を1枚ずつレイアウトしたものだった。
収録曲も全く違って、いつか手に入れようと夢見ていた一枚。
なので、後になって入手したときは、涙が出るほど嬉しかった。
これは高校生になって大阪に出向いて新品で入手したのだけれど、今でも日本では発売された事はないし、勿論公式にCDにもなっていない。
↓米国盤「ア・ハード・デイズ・ナイト」。80年代の再発盤かな?
a0189732_1541345.jpg


今普通に発売されている英国盤仕様はビートルズのオリジナルが13曲入っているけれど、アメリカ盤は映画の挿入歌7曲にプラスして、映画で使用されたジョージ・マーティン・オーケストラによるBGMも収録されていた。
しかも「アイル・クライ・インステッド」は通常とは違うロング・ヴァージョン、「アンド・アイ・ラブ・ハー」はポールの歌がシングル・トラックになっていて非常にかっこよくて、当時入手したときは毎日聴いていた。
↓米国盤のジャケ裏面。ビートルズの曲の合間にインストが挟み込まれている。
a0189732_1544788.jpg


映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」はおそらく、今までに何百回と見ている。
数えたことは無いけれど、字幕のない映像を見ても、4人の会話とか何を喋っているのか分るくらい。
そして前にも書いたことがあるけれど、ビートルズの映画の中では一番好きな映画である。
当時のビートルズに実際に起こっていたことを映画化したものであって、本当に毎日かれらはこういう毎日を過ごしていたのである。
そして、よく知られているように、この映画はモノクロである。
ビートルズにはモノクロが良く似合う。次の映画「ヘルプ!」はカラーで、非常に面白い映画ではあるけれど、最初に見たこのモノクロのイメージが小生のビートルズのイメージであって、それは今でも変わらない。
↓映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」DVD。昨年買いなおし。なお、邦題の「ビートルズがやってくる ヤアヤアヤア」と名づけたのはあの水野晴雄である。
a0189732_152754100.jpg

a0189732_1528563.jpg


なんといっても、4人が走りまわっている。
「♪キャント・バイ・ミー・ラヴ」が流れて、空き地を4人が走り回っている場面が好きだ。
これは後にモンキーズなんかにも影響を与えて、更にその後のプロモーションビデオの走りにもなったものである。
最初は4人で走り回っているのに、最後空き地の管理人に「人の空き地に勝手に入りやがって!」と注意されて、渋々引き上げていくメンバーが3人しかいないのは、この場面の撮影のときだけ、ジョンがいなかったから。
こういうビートルズ映画でのトリビア、撮影秘話ならいくらでも話することが出来る。

↓「CAN'T BUY ME LOVE」
http://www.youtube.com/watch?v=Lkk-tspdZl8&feature=relmfu

4人の演奏する場面が好きだ。
向って右がジョンで、少し蟹股気味で、ギターをかき鳴らしてシャウトする。
向って左側でポールとジョージがコーラスをつける。
間からはしっかりドラマーのリンゴの姿も見える。
そしてポールは左利きだから、ジョージと、そしてジョンとのギターネックのコントラストが絶妙で美しい。
この演奏場面のエキストラの観客の中に、幼い頃のフィル・コリンズがいたことは有名な話である。

↓「TELL ME WHY~IF I FELL~I SHOULD HAVE KNOWN BETTER」
http://www.youtube.com/watch?v=d-H7Ug8KNVk&feature=relmfu

映画の中で、リンゴが1人で街を歩き回る場面が好きだ。
他の3人としっくり行かなくて、少し拗ねて。
そしてリンゴが、見知らぬ少年と出会って、川に石を投げている場面が好きだ。
スターになってしまった彼は、普通の20代の青春を過ごしたかったのだろう、きっと。
映画の中の演出ではあるけれど、ここの場面は彼らの本心が描かれている気がする。
その場面で流れるのが「RINGO THEME」(ジョージ・マーティン・オーケストラによる「♪THIS BOY」のインストルメンタル)で、この曲が大好きなのである。

↓BGM「THIS BOY」
http://www.youtube.com/watch?v=GIvEc4yhdpM

こういう風に、この映画を見たのは親戚の義兄の家で、小学4年のときだったけれど、終わった後もエンディングが流れた終わったテレビ画面をずっと見つめていた。
もう、自分には今まで集めたプロ野球のカードも、虫かごも、虫取りの網もいらない、と思った。

今ではこのレコードだけで何枚あるだろう。
レコード棚を探してみると、ロシア盤とか、親父の形見である日本オリジナルジャケットのこのアルバムもあった。米国盤以外は、曲目も同じ。あ、CDも3枚ありました(笑)
↓旧ロシア盤「ア・ハード・デイズ・ナイト」ロシア文字でジャケットにビートルズのの文字。
a0189732_1572932.jpg


↓1964年当時、日本盤はこのジャケットでした。これは70年代の再発盤で76年まで日本はこれ。いわゆる親父の形見。これを繰り返し繰り返し聴いてました。
a0189732_1591653.jpg


↓集めてみるとこれだけありました(苦笑)。
a0189732_1594574.jpg



と、最初の出だしのレコード屋さんの話で、エルビス・コステロの記事にしようとしたのだけれど、話が見事にビートルズになってしまった(笑)。
話の流れとしては、「結局、その大阪からやって来ていた出張輸入レコード屋さんで初めて購入した輸入盤は中学1年の時、エルビス・コステロの1st「MY AIM IS TRUE」だった」という話に持って行って、昨日届いたコステロの最新ライヴアルバムの感想を書きたかったのだけれど。。。
当時、ビートルズのレコードを買えないのに眺めていた想いでの方が勝っちゃったみたい(笑)。

折角なので少しそれに触れておくと、今回のコステロのライヴアルバムは、ライヴの時ステージにルーレットを置き都度ルーレットを回して、矢が刺さった所の曲を演奏する、という変わったライヴステージでのアルバム。なのでどの曲を演奏することになるのか、運任せである。
中にはニック・ロウの「ハート・オブ・シティ」なんか演奏していて、聴いていて嬉しくなってしまう。
ストーンズの「アウト・オブ・タイム」も嬉しい。
↓コステロの最新ライヴアルバム。これをレビューするつもりでした(苦笑)。
a0189732_1595873.jpg


90年代のコステロは後半から少しジャズやクラシックなんかに走って小生なんぞ少し不満だったのだけれど、2000年代になってまた少し昔のコステロ・サウンドに戻ってきている。
08年のアルバム「momofuku」なんて凄く良かったし。
このライヴアルバムも、何度か繰り返し聞いたけれど、非常にコステロも力が入っていて、でもどこか達観したようなところがあって、非常に素晴らしいものだった。

コステロにはまた、こういう風にギターをかき鳴らして、自身のバンドと共に走っていって欲しい。
↓初期のコステロ。一番左が小生人生初の輸入盤「MY AIM IS TRUE」。ジャケがかっくいい。ってか英国盤はジャケにコーティングされているものが多く綺麗。真ん中の「GET HAPPY!」のみ日本盤。
a0189732_1510464.jpg


少し文章がバラバラになっちゃいました(苦笑)。
うー、不覚(泣)。
[PR]
# by hirowilbury | 2012-04-11 22:00 | 音楽

清志郎が亡くなってから、5月で3年になる。
しかし、その間に未発表アルバム「BABY#1」が出たり、昨年は自身が生前に企画して選曲までしていたという「sings soul ballads」が出たりしていたので、3年も経ったという気がしない。
勿論、小生自身が彼の生前と変わらないくらい、普段からRCや清志郎のアルバムを聴いているということもあるのだろう、きっと。
↓昨年出た「sings soul ballads」
a0189732_12414753.jpg

RCのデビューは1970年である。
RCを好きな人なら知っていると思うけれど、RCというのは「The Remainders of Clover (リメインダーズ・オブ・クローバー)」の略であって、デビュー当時からすでにグラム・ロック、デヴィッド・ボウイみたいにメイクをして「雨上がりの夜空に」を歌っていた訳ではなくて、いわゆる「ハード・フォーク・トリオ」として3人組でデビューしている。フォークだったのだ、デビュー当時は。しかし、かぐや姫とか、そこらへんのフォークとは訳が違う。小生から言わせると、あれは歌謡曲。
少なくともフォークギターで「ロック」を歌えて、演奏できるグループをRC以外、小生は他に知らない。

メンバーは清志郎が歌、ギター、林小和生が歌とウッド・ベース、破廉ケンチが歌、リード・ギターという構成だった。3人とも1951年生まれだから、この時19歳。
a0189732_1242188.jpg

基本的に作詞作曲は清志郎なのだけれど、アルバムの中にはバランスよく3人の作品がブレンドされていて、それを他のメンバーがアレンジをしたり、歌を歌ったり、という形を取っていた。
清志郎は肝沢幅一というペンネームで名前を変えてクレジットされていたりする。
この名前は清志郎の父親が、沢田研二の名前をいつも間違えて「肝沢幅一」と言っていたのでそれをペンネームにしたらしい。
ペンネームを使うことは今では珍しくないのだけれど、当時はあまりなかったのではないだろうか。分らないのが、曲によって作者の名前を変えているところである。
今でもその意図を考えたりするのだけれど、未だにわからない。

「宝くじは買わない」でデビューして、その後「僕の好きな先生」でヒットを飛ばすのだけれど、その後が泣かず飛ばず。時代の先を行き過ぎていたのだろう、ここまででアルバムも2枚出したのだけれど、RCはマネジメントのトラブルに巻き込まれて、活動を停止せざる終えない状況になってしまう。

↓デビュー曲「宝くじは買わない」。当時(1994年)この映像観て泣きました。
 清志郎&チャボのデュオ。オリジナルの歌詞は♪400万円が当っても~ですが、
 変えてますね。♪1億4000万円が~って(笑)。
 それを聴いたチャボの表情が最高です。
 この曲を聴いて、小生は宝くじは買わないことを心に決めました。
 (しかし清志郎は毎回買ってたらしい・・・うそつき・・笑)

http://www.youtube.com/watch?v=7CnGsKTHtNw&feature=related

この辺り、書き始めると止まらなくなってしまうので、ここでは割愛するけれど、1971年に1stアルバム「初期のRCサクセション」、1972年に2ndアルバム「楽しい夕(ゆうべ)に」を出した。1stアルバムのタイトルが1枚目なのに、既にこうなっているのも清志郎らしくて微笑ましい。
将来大物になって、1stアルバムを振り返ったときに、こういうタイトルが付いていれば分りやすい、という事で付けたのかもしれない。
↓「初期のRCサクセション」1stアルバム。
a0189732_2013150.jpg


ただ1stアルバムは、レコード会社が勝手に演奏を追加して録音したりして彼らの思うようなレコードにはならなかったらしく、2枚目以降は自身でプロデュースすることを決意する。
確かに1stアルバムは、決まるべく所に音がなかったり、不要なところに余計なブラスの音が入ったりしていて、その辺2ndアルバムではしっかり改善されている。
↓「楽しい夕(ゆうべ)に」2ndアルバム。
a0189732_20144228.jpg

当時は、あの三浦友和がRCのメンバーだったなんて言っても誰も信じないだろうけど、実際、1stアルバムではボンゴで参加していたりする。
清志郎は何かのインタビューで「三浦友和にギターを教えたのは俺だ」と発言していた。
↓貴重なRC&三浦友和の写真。一番左が三浦友和(当時の名前は三浦 稔)
a0189732_2393875.jpg


2ndを出した後、3rdアルバムの制作に入って一旦完成、発売したのだけれど、事務所のトラブルが発生して発売中止になってしまう。
当時RCは井上陽水同じ事務所、マネジメントに所属していたのだけれど、マネジメント側が当時売れてきた陽水を引き抜いて別事務所を設立、引き抜いたマネジメントの秘蔵っ子だったRCに、前事務所がその恨みをぶつけた。彼らは移籍が許されず、実質仕事も与えられずに飼い殺し状態になってしまう。契約が切れたときに、再度陽水と同じ事務所に移籍するのだけれど。

事務所を移ってから、以前一度発売になった3rdアルバムを再発売したのだけれど、またすぐに廃盤になってしまう。そしてようやく3rd「シングル・マン」が出るのは1976年であって、完成から2年が経っていた。それも、ファンからの発売署名などで再発売された経緯がある。
とにかく、この時期のRCはいわゆる「暗黒時代」。ファンの間では「福住時代」と呼ばれている時代である。

それから地道に井上陽水、矢沢永吉なんかの前座なんかでライヴ活動を行なう。
清志郎が例えば矢沢永吉の前座で出てきて「こんばん~矢沢B吉です。永ちゃんは楽屋でう〇こしてま~す」なんて事を発したりして、矢沢ファンから罵声を浴びたりしたらしい。
しかし、RCは悔しい思いをしながらも、バンドもエレキ化しながら仕事をこなしていった。
その間にオリジナルメンバーだった破廉ケンチがエレキが弾弾けない、という理由でノイローゼになってしまい、脱退、そこでチャボが加入したのである。

小生は勿論、チャボが加入して、メイクしてロックン・ソウル(と、小生は勝手に名づけている)ガッタガッタガッタと歌う清志郎も大好きであって、アルバム「ラプソディ」や「プリーズ」、そして、高校2年のときの1990年に出た「BABY A GO GO」も堪能した。これが結局RCとしてはラストになってしまうのだけれど。
a0189732_16959100.jpg


しかし、よくプレーヤーに乗るアルバムは、この初期の2枚であって、ここでの清志郎の作る歌、そして歌っている清志郎は神懸っている。
なんなのだろう、このフォーク・ギターで歌われるロックは。
おそらく、当時一世を風靡していたザ・バンドからの影響も大きいのだろう、2ndの「もっとおちついて」なんかは、思いっきりザ・バンドである。
ある意味、前期の方がロックであって、歌詞だって清志郎の魂が乗り移っている。
「2時間35分」、「僕の自転車のうしろに乗りなよ」、「九月になったのに」、「シュー」なんかを聞いていると、ロックを好きになって良かったなあ、と思う。
「九月になったのに」を聴くと、小生と同じく清志郎は夏が嫌いなのだな、なんて思ったりして嬉しくなってしまう。
清志郎らしいのは、1stに「この世は金さ」と「金もうけのために生まれたんじゃないぜ」が連続して収録されているところだろう。

そういう風に初期にも名曲が多いのだけれど、小生が彼らの曲で一番好きなのは2ndに入っている「忙しすぎたから」。
中学1年のときにこの2ndを入手して、それから必ず外出する時、当時はカセット、そして今ではネットワーク・ウォークマンに必ず入っていて持ち出している1曲。

小生が過ごした中学~高校時代の夏休みの夕暮れに感じていた感情、まったく同じ感情を歌ってくれている歌は、今まで聞いた中でこれだけである。
今まで聞いた人生の中で小生のダイアモンドになっている曲はズバリ、この曲である。
94年に清志郎とチャボ(仲井戸麗市)がデュオで復活して「グラッド・オール・オーヴァー・ツアー」のアコースティックコーナーで、チャボのボーカルでこの曲が歌われた時は、涙が出た。
↓1994年の購入した「グラッド・オーヴァー・ツアー」のレーザーディスク(LD)とCD。
a0189732_2011342.jpg

a0189732_20124224.jpg


"忙しすぎたから"
作詩:林小和生 作曲:肝沢幅一(忌野清志郎)

楽しい夕(ゆうべ)に ぼくの友達は
ゴキブリと一緒に 昼寝をするのさ

夏が攻めてきて むし暑い毎日でも
夕方になれば とても涼しい

昼間のうちに 宿題を片づけて
眼鏡を外して 星を見るのさ

手紙の返事を 書くのが忙しくて
封筒を買いに 行く暇もない

このごろはだれも 口をきいてくれないから
ぼくはさみしくて 気が狂いそう

夏が終わって ゴキブリが死んだら
もっといい友達に 会えるかもしれない


↓「忙しすぎたから」/ RCサクセション(1972年のライヴ音源)
http://www.youtube.com/watch?v=KroQBr6mYWA

↓初期のRC。「2時間35分」は名曲。ちゃんと2分35秒で演奏が終了している所が泣ける
http://www.youtube.com/watch?v=7aSEetyWAWo&feature=related

↓名曲「僕の自転車のうしろに乗りなよ
http://www.youtube.com/watch?v=eMKHDdmM0KE&feature=relmfu

↓清志郎節炸裂!「3番目に大事なもの」
http://www.youtube.com/watch?v=yrdWYq3fhyg&feature=relmfu

まだまだRCに関しては語ろうと思えば語れるのだけれど、書き始めると止まらない。
「雨上がりの夜空に」は、清志郎が当時乗っていたポンコツ車「サニークーペ」を題材にした歌で、既にこの頃原型が書かれていたらしい。
しかも、そのサニークーペを購入した資金は、当時大ブレイクしていた井上陽水に曲を提供してその曲で入ってくる印税で購入したもの。
余談だけれど、この話を知って小生も「DEAR BLUE BIRD」という、小生が最初に手に入れたオンボロ中古車を題材にした曲を書いたことがある。
a0189732_12443292.jpg

これからも、RC、清志郎、チャボのアルバムが出たら遠い友達から手紙が来たような感覚で聴き続けていくのだろうな、きっと。
しかし、もう3年か。
[PR]
# by hirowilbury | 2012-04-05 22:00 | 音楽

しばらく前に道頓堀の戎橋辺りをウロウロしていた。
昔とちがってかなり様相が変わってしまったのだけれど、心斎橋の商店街から戎橋を渡るときに、
「♪メダグル、イズイッチュ」となんとなく口ずさんだ。
それで気がついたのだけれど、小生がこの橋を渡るときはいつも何故かT-REXの歌を鼻歌で歌っていたりする。今思えばいつもそうであって、これはどういうことなのだろう。
↓「metal guru」/ T-REX
http://www.youtube.com/watch?v=dIwITUNmflY&feature=related

この前に通った時も、何も意識していないのに「♪アイルダンスティミッナイ」なんてやっぱりやっていた。
どうもあの橋の下に、マーク・ボランがぶら下がっているような気がしてきた。
今度戎橋を通る時は、こっそり気をつけてよく見ておこう。
a0189732_13241712.jpg

空想している状況設定としては、
①小生がトラックの荷台に載って「今日も良い天気だなあ」と言って、タバコを吸いながら戎橋の下にやってくる。(今は実際、下なんてないけどね)
②それで、ひょいと上を見上げると、マーク・ボランがあのギンギンギラギラの格好で、しかもレスポールのギターまでぶら下げて、足をブラブラして橋の下にぶら下がっている。

そこで小生は一体どんな気分になるのだろう。
いや、ちっとも不思議じゃない。うん、驚かないよ、きっと。

③そこで小生はトラックの荷台から降りて、タバコを吸いながらじっとそこに立って彼を見上げて見ているいるだろう。
④暫くすると、マーク・ボランはぶら下がっている橋の下から力尽きて落っこちてきて、尻餅をつくだろう。
⑤彼は立ち上がって、服の汚れなんかを掃いながら「痛てえなあ、もう」かなんかブツブツ言う。
⑥そして彼は立ち上がって、そこに立っている小生の方をジロッと見て、「見世物じゃねえぞ」と言って何処かへ行ってしまう。
⑦そうすると小生は、なぜ橋の下なんかで、1人立っているのか分んなくなって、たぶん1人で泣き出してしまうだろう。
a0189732_13243595.jpg

小生は普段から彼の歌をよく口ずさむ。
メロディーが単純だし、詩も構成も良くまとまっていて、簡単で覚えやすいからだろう。
ともかく一行の詩の言葉の繋がりが良く出来ている。
そして、決まる一行が、必殺の一行が、どの曲にも必ずある。裏を返せばどの曲も、一行しか決まっていない。「ジプシー・スター」、「ザ・グルーパー」あたりまで、全てそうである。
a0189732_13263616.jpg

「20世紀の少年」を例にしてみると、
  ”20th century toy , I wanna be your boy.
   20th century boy, I wanna be your toy.”
この行だけである。ここをしつこくリフレインしている。この曲では3分40秒の内、ここだけを聴けばいいのである。1曲について、言いたい事が1つだけというのは、非常に理想的だと思う。
まわりくどくなくて、すっきりしている。
ただ、マーク・ボランはその1行を決めるための手順や、説明を全部省いている。
リフレインの1行だけを決めればいいのだ。で、突然曲のクライマックスがやってくる。

↓「20th century boy」/ T-REX
http://www.youtube.com/watch?v=qpmU4xnmxlQ

リフレインというのは魔術の一つだ。振り子の揺れているのを見せされているように、同じ事をずっとくり返されていると、なんかその気になってしまう。
同じような手法を使う人に、ポール・マッカートニーがいる。「バンド・オン・ザ・ラン」も同じ手法である。
T-レックス、つまりマーク・ボランの場合、リフレインだけではなくて、曲までみんな似ているから、やっぱりあれは魔術だな、きっと。
a0189732_13251871.jpg

T-レックスが70年代に来日したとき、客のノリが悪かったので、マーク・ボランが「たががロックン。ロールじゃあないか。気楽に乗れよ。」と言ったそうである。
彼の詩は、その殆どが自己紹介の歌である。
彼の言いたい事は、つまりさっきの「20世紀の少年」なのではなかったのだろうか?
 ”僕は今世紀最大のおもちゃなんだ
  好きなように遊んでもらいたいのさ”
                (from「20th century boy」)
a0189732_1325151.jpg

[PR]
# by hirowilbury | 2012-04-01 13:06 | 音楽

今スージー・クアトロ、といっても知っている人は少ないと思われる。
少し紹介しておくと、スージー・クアトロという人は1973年に2ndシングル「キャン・ザ・キャン」で英国を中心にヒット曲を放ったミュージシャン。
今日本では、この曲が一番知られてるのかな?

↓小生初の「外タレ」レコード購入はこれ「ワイルド・ワン」。
http://www.youtube.com/watch?v=Q5mDFuPBoGI&feature=related

↓PCの方はこれもどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=dra_FMil1_0&feature=related

↓個人的には、少し優し目のこれも好きですが。
http://www.youtube.com/watch?v=ck0U14YFg1Q&feature=related

ポール・マッカートニーを溺愛し、自らも皮の全身スーツを着こんで、ベースを弾きながら歌を歌うという、皮のスーツは別にして、おそらくポール・マッカートニーが好きな人なら一度は憧れるスタイルを貫いた人である。
歌は決して上手くなくて、ベーシストとしてもポールからの影響は何かの間違いではないか?という気がするくらいだけれど、しかし、やっぱり貴方は正しい。
不安定だけれど小気味良くて、彼女自身が奏でる最良のロックンロールなのである。

昔から一つのスタイルに固持してしまうと中々変化が出来なくて良くない、などと評論家顔した奴らが語ったりする。しかし、スタイルを作り上げてそれを続ける、というのがいかに大変なことなのか、分っていないのであって、同じスタイルをこれでもか、と続けることも立派なことなのであって、それはストーンズだってそうである。
そしてその究極のワンパターンを継続していった1人がこのスージー・クアトロである。
”股間に響くベースサウンド”なんていうとんでもないキャッチフレーズでデビューしたために、少し色物扱いされてヒステリック女王みたいに見られたりしたのだけれど、しかし、自分のスタイルを貫いて、究極のワンパターンを貫いた彼女は立派である。
そして変に格好つけてなくて、一生懸命である。その辺り、好感が持てる。
今でも、懐かしいのと新鮮なのとで、時たまターンテーブルや、CDプレーヤーに彼女のものが載る。
a0189732_22155966.jpg


父親はイタリア人、母親はハンガリー生まれ。そして彼女自身はアメリカミシガン、デトロイト生まれで、ジェフ・ベックをてがけたミッキー・モストによってスカウトされてデビューしている。
米国生まれなんだけれど、1971年ごろに英国に渡って、英国を活動の中心にしていた。
現在はラジオのDJとして活躍しているらしい。「ボヘミアン」の葛城ユキみたいだな。
70年代の英国にはこういう愛しのミュージシャンがいっぱいいたのね。
結局アメリカでは成功は収められなかったけれど、日本でもかなりの人気があった。
a0189732_22202831.jpg


なんといっても、小生が初めて購入した外タレ(←死語?、笑)ミュージシャンのレコードが、このスージー・クアトロのシングルレコードであった。信じられないかもしれないけれど、小生がこのレコードを親に買って貰ったのが1975年の春であった(ジャケットの後ろにその表示があり、おそらくオフクロの文字かと思われる。)
a0189732_2214289.jpg


計算してみると、小生が2歳の時である。
自分の事を語るのは好きではないのだけれど、少しだけ書いておくと、小生は生まれて間もなくして、レコードやカセットテープなんかにに興味を持って、しかも家にあった大きなステレオにレコードを置いてレコード針を置いて音楽を聴くのが好きだったそうである。
カセットテープにしても、再生されて、テープが右のリールから左のリールに再生されていくのをじっと見ているのが好きだったという、変わった男の子だったらしい。

考えてみると、かなり変わった子であって、親も親でよくそんな幼児に当時は高価であっただろう、レコードやレコード針を触らせたものだと感心してしまう。

基本的にシングルに力を入れてきた人だと思っていたので、所有しているのはベスト・アルバムを数枚と、オリジナルアルバムは「AGGRO PHOBIA」のみという状況だったのだけれど、その彼女のオリジナル・アルバム1stと2ndが再発売されたので聞いて見た。

かなりシングルの類のポップさ、ロックンロール度と少し異なって、アルバムの内容は実験的なので、少し面食らってしまったのだけれど、しかし、そこは彼女らしい小気味良いロックンロールも奏でていて、シングルでは表現できない事を色々とやってみたかったのだろうな、
と思われる内容になっている。でも、土台になっているのは、究極のワンパターンのリズムであって、これはやはり貫き通されている。

a0189732_22181360.jpg

a0189732_22183134.jpg

シングル盤を集めたベストアルバムを中心に聞いてきた小生としては、彼女の違う側面も見ることが出来て、満足である。
1stに入っている、「SHAKIN' ALL OVER」、「I WANNA BE YOUR MAN」、「STICKS ADN STONES」なんかはブリティッシュロックが大好きな彼女の趣味が良く分るし、2ndもやっぱり路線は変わらず。

しかし、手の平を返すようなのだけれど、彼女はやっぱり一発勝負のシングル盤、ポップなシングルナンバーがしっくりくるなあ。
もし彼女に興味を持って1枚買ってみようと思われる方は、迷わずベストアルバムの購入をお勧めする。
内容は小生が保証します。
↓約20年前に編集されたベスト。まだ現在も発売されています。
a0189732_22185170.jpg

[PR]
# by hirowilbury | 2012-03-19 22:24 | 音楽

確かあれは中学1年の時の夏休みも終わろうとしていた、ある日の暑い夏の終わりの夕方だったと思う。その日は、学校のクラブ活動も無くて1日レコードを聴いたり、本を読んだりしてゴロゴロと過ごしていた。
そうしているうちに外は酷い夕立になって、まだ夏の日の夕方だというのに不気味なくらい空が暗くなった。そして激しく雨が屋根を打ちつけていて、聴いているレコードの音もボリュームを上げないと聞こえないくらい、雨がトタンを叩きつける音が大きくなった。
小生が生まれ育って中学2年まで住んでいた生家は、屋根こそ瓦だったのだけれど、1階と2階の間にはトタン板ががあって、そこに雨が降りつけるとゴーっと凄い音を立てるので、そのもの凄い音が幼い頃は怖かったのを覚えている。
仕方が無いので雨が入らないように、開けていた窓を閉めてもう一枚レコードをかけた。
このレコードは昔から聴きたかったのだけど、当時ビートルズを集めるのに必死で、そこまでお金が回らなかった。
しかし、家計のためにやっていた新聞配達で貰った少ないお金の残りで、遂にそのレコードを入手することができた。
せっかく入手したレコードなのに何故かワクワクせず、恐る恐るレコードに針を置いた。おそらく聴きたいのだけれど、しかしジャケットの不気味さもあって、尚且つこういう天候だったからだろうきっと。
a0189732_23205322.jpg


針を置くとドラムがリズムを刻みだし、ギターが被さってくる。そこにある男の声が重なってきた。

 昼は夜を破壊する
 夜は昼を分断する
 だから逃げようとした
 隠れようとした
 突き進め、向こう側まで
 突き進め、向こう側まで
 突き進め、向こう側まで
 ("BRAKE ON THROUGH(TO THE OTHER SIDE)) / The Doors
http://www.youtube.com/watch?v=6BIjCW2_Uik&feature=related
それまで小生は、クラブ活動(陸上部)に明け暮れて、だけれど野球も好きで時間さえあれば友人とグローブを持って野球にでかける少年だった。
夏休みは毎日殆どはそうだったし、家にいることのほうが少なかったと思う。
とにかく、走り回っている事が好きだった。
しかし、ある日、こういう風にジム・モリソンが歌うのを聴いて、もういいのではないか、と思うようになった。もう、外で走り回って遊ぶのはやめようと。
他の友達よりもロックを聞き分ける耳、には自信があったつもりである。
その耳が正しかったのかどうなのか、よく分らないのだけれど。

その日を鏡に、小生はグローブを持って野球をしたり、外を走り回ったりして遊ぶことをしなくなった。ませたガキ、小生中学1年の夏の終わり。

ドアーズは活動中6枚のオリジナル・アルバムを発表している。
1967年に「ハートに火をつけて」でデビューしてから、ジム・モリソンが死んでしまった1971年までの間に6枚である。アルバムで言うと1stアルバムである「ドアーズ」からラスト・アルバム「L.Aウーマン」まで、5年間に6枚のアルバムを発表するというのは今の感覚では考えられないのかもしれないけれど、当時は1年に1枚はアルバムを発表するミュージシャンの方が多かった。
ビートルズだって基本1年に2枚だもんね。

発表した6枚の内、今では全てが名作ということになっているのだけれど、3枚目「ウェイティング・フォー・ザ・サン」、4枚目の「ソフト・パレード」になると、少しジム・モリソンが精彩に欠けているように思えるし、ラスト・アルバムの「LAウーマン」なんぞ、煮詰まってしまってしまって1発録りのブルースアルバムである。それくらい、ジム・モリソンはアルバムの枚数を重ねるに連れて精彩を欠いた。というか、追い詰められて行ったのだろう。
そしてドラッグの影響なのだろう、体も丸くなって行ったけれど、作品も丸くなっていった。
確かにそれらのアルバムにも名曲はある。
「ウェイティング・フォー・ザ・サン」に入っている「ラヴ・ストリート」、「ファイヴ・トゥ・ワン」狂気の果てみたいな名曲だし、ラスト・アルバムの「ライダーズ・オンザ・ストーム」だって美しい。「ライダーズ・オンザ・ストーム」の嵐の音は、当時の夏休みの夕立を思い出す。
a0189732_2144241.jpg

しかし、ドアーズの炎はファーストアルバムであるこの「ドアーズ」に凝縮されている。
すでにこの時点で彼らは完成されていて、しかしある意味未完成であって、ところが、以降それを越えられなかったということなのだろう、きっと。2nd「ストレンジ・デイズ」も名作だけれど、このファーストの荒々しさには及ばない。

結局、このファーストアルバムで彼らは燃え尽きてしまったのである。
完成度、演奏の質、そしてスタジオでのトリックなんかは格段的にセカンドアルバム以降の方が上である。しかし、結局彼らはこのファースト以上の荒々しさや、ふてぶてしさを出すことが出来なかった。

毎年夏の終わりになると、当時の夏休みの終わり、夕方の夕立を思い出す。
そんな風景さえ鮮明に記憶しているくらい、ファーストアルバム「ドアーズ」を聴いた時の衝撃度は今も残っている。

追伸
最近「L.Aウーマン」の40周年記念盤が発売された。
既に所有しているので、購入すべきか迷っているのだけれど1枚はオリジナル・アルバム、そして2枚目は未発表音源らしい。バラで2枚目だけ売ってくれないかなあ。。
しかし、出てくるな、ドアーズの未発表音源がどんどん。
すでにジム・モリソンが死んでしまってから40年も経つのに。
[PR]
# by hirowilbury | 2012-03-10 20:14 | 音楽